喪われたレーモンド建築 東京女子大学レーモンド建築 東寮・体育館を活かす会編著

喪われたレーモンド建築 東京女子大学レーモンド建築 東寮・体育館を活かす会編著

明治維新から150年近く経ち、モダニズム建築の取り壊しが進み、文化遺産該当の建築物保存の正否で、議論が絶えない。いわば価値評価における経済性と文化性のぶつかり合いだ。その文化遺産の水準が世界レベルとなればなおさらだろう。その検討手順・評価に一石を投じたのが本書だ。

武蔵野の面影を残す自然豊かな環境の中にある東京女子大学。その建物は、多くがライトの弟子、A・レーモンドの設計によるものだ。手掛けた9棟のうち、2棟の取り壊しが焦点だった。前川國男や吉村順三を育てた建築家の最初期の設計なだけでなく、建学精神の結晶でもあると保存派は主張し、片や学校運営者側は耐震性と時代の流れに沿う魅力ある施設改善のためにやむをえないと考えた。

結果、「1万を超える署名を集めながら、なお解体を防げなかった活動の全記録」を生むことになった。本書は、今後の同種のケースにおいてよき判断資料として長く参考にされよう。

工作舎 2520円

  

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • 賃金・生涯給料ランキング
  • ボクらは「貧困強制社会」を生きている
  • 地方創生のリアル
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
ニセコ 熱狂リゾートの実像<br>開発に翻弄される小さな北の町

「パウダースノー」を求め、北海道のニセコに殺到する外国人客。その数は住民約2万人の14倍にも及びます。観光ばかりでなく、別荘が建ち不動産投資も活発化しましたが、地価高騰やインフラ整備負担による財政圧迫の問題も出ています。活況と苦悩の両面に迫りました。