「通貨」はこれからどうなるのか 浜 矩子著

「通貨」はこれからどうなるのか 浜 矩子著

尻尾が犬を振り回している──。カネの世界がモノの世界を翻弄し、通貨関係の浮沈が人々の行動や経済活動の行方を規定しているかのようにさえ見える。

同時に経済活動を突き動かす力が集約から分散の方向に進路変更を始めた。となれば通貨の世界もまた、同じ方向に向かわざるをえない。そこでは地域通貨の考え方が理にかなう。地域通貨構想は、下手をすれば引きこもりと排除の論理につながっていくおそれがあるが、国際分業を徹底追求すれば、その方向に突き進むことにはならないかもしれない。

円ドル相場の先行き、ユーロの未来、財政危機の行方はどうなるのか。通貨に絡む疑問に大胆に答える。

PHPビジネス新書 840円

  

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 不安な時代、不機嫌な人々
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • フランスから日本を語る
  • iPhoneの裏技
トレンドライブラリーAD
人気の動画
東芝、会社「3分割」に残る懸念
東芝、会社「3分割」に残る懸念
節約志向で「安い食品ばかり買う」人の重大盲点
節約志向で「安い食品ばかり買う」人の重大盲点
百貨店の最終兵器「外商ビジネス」が抱える難題
百貨店の最終兵器「外商ビジネス」が抱える難題
EVの切り札?夢の「全固体電池」は何がスゴいのか
EVの切り札?夢の「全固体電池」は何がスゴいのか
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「非財務」で生きる会社、死ぬ<br>会社 企業価値の新常識

今や株価を決める最大の要因は「非財務情報」というのが世界の常識に。優れた開示を行えば企業価値の向上につながる一方で、開示が不十分だと株を売られるリスクも。企業価値の新常識をめぐる混乱とその対処法に迫りました。

東洋経済education×ICT