動員の革命 ソーシャルメディアは何を変えたのか 津田大介著

動員の革命 ソーシャルメディアは何を変えたのか 津田大介著

今や、全世界で急速に利用者を拡大しつつある「ツイッター」「フェイスブック」などのソーシャルメディア。このメディアが世界に与えていく新たな可能性を、ネットジャーナリストが洗い直す。

力を示した顕著な例は、通信手段として大いに活用された、チュニジアの「ジャスミン革命」から始まり、エジプト、リビアへと飛び火した「アラブの春」だ。こうしたかつてない勢いで人々を“動員”できるようになったソーシャルメディアによって、世の中は確実に変革されていく、と著者は説く。

それは政治的革命だけではない。震災時の復興支援から、ビジネスや報道のあり方まで、ソーシャルメディアのよりよき活用法を論じる。

中公新書ラクレ 798円

  

関連記事
トピックボードAD
  • インフレが日本を救う
  • 最新の週刊東洋経済
  • iPhoneの裏技
  • グローバルアイ
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
SONY静かなる再興<br>自動車ビジネスに本腰

「人命にかかわる事業はやらない」という不文律を破り、車載製品に本格参入するソニー。今後3年で1兆円を投資する主軸、得意の画像センサーを自動運転システムに展開する。最高益のその先を支えるカネのなる木となるか、禁断の果実か。