北朝鮮現代史 和田春樹著

北朝鮮現代史 和田春樹著

内部情報を秘匿することに成功している例外的な国、北朝鮮。1948年9月9日に建国して60年余、独自の道を歩んできた。

国家形成の原点となる満州での抗日闘争の時代から、金正日総書記の死去までの通史を記述。冷戦による分断の悲劇がもたらした朝鮮戦争、戦後の社会主義化と金日成主席の「遊撃隊国家」形成、そして金正日総書記による先軍政治(正規軍国家。軍隊を革命の柱として社会主義偉業全般を推し進めていく領導方式)までの歴史を詳述する。

史料の欠如部分については、61年までの公表内部資料に基づく歴史認識に立脚して国家モデルを作り、各種資料によって、それを検証しつつ、政治・外交を中心に描く。

岩波新書 861円

  

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 「合法薬物依存」の深い闇
  • 井手隊長のラーメン見聞録
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
変わる日立<br>IoTで世界へ挑む

日本を代表する巨大総合電機企業が今、「脱製造業」ともいえる動きに舵を切っています。攻めの主役は「ルマーダ」。社長の肝煎りで始まった独自のIoT基盤です。データを軸にGAFAと組むことも辞さないという改革の成否が注目されます。