これは映画だ! 藤原帰一著

これは映画だ! 藤原帰一著

国際政治学者が『アエラ』に5年にわたり連載した洋画を中心とする映画評226本、300ページは壮観で、興味の持てそうな映画だけ拾い読みと思ったが、駄作でさえもそれぞれ個性的な批評でつい読み進んでしまった。10代半ばから映画館に足しげく通って40年、気に入れば何度も繰り返し見たその蓄積はだてではなく、演出、脚本、撮影、音楽、俳優たちへの眼識は単なる映画ファンの域をはるかに超えている。映画一本一本を古今東西何千本との比較の中で多彩に論じる様にはただ感服の一語だ。

批評にレトリックのスパイスが効き、毎回、締めのひねりが楽しめる。ニヤリとすること再三だし、考えさせられもして、10本に8本は見たくなってしまうのは困るが、「映画をよく見ているときのほうが仕事もできた」という著者のひそみに倣おうか。最も頻繁に登場する旧作が『カサブランカ』、新作は『ノーカントリー』。『僕の洋画200本』の出版が待たれる。(純)

朝日新聞出版 2100円

  

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • インフレが日本を救う
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • 就職四季報プラスワン
  • コロナ後を生き抜く
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
100億円の寄付を即決<br>ユニクロ柳井会長の危機感

ともにノーベル賞を受賞した京都大学の本庶教授、山中教授に、ユニクロの柳井会長が過去最大規模となる総額100億円を寄付すると発表。研究支援を決めた背景には、サステナビリティ、社会課題の解決などに対する柳井氏の強いメッセージがありました。