これは映画だ! 藤原帰一著

これは映画だ! 藤原帰一著

国際政治学者が『アエラ』に5年にわたり連載した洋画を中心とする映画評226本、300ページは壮観で、興味の持てそうな映画だけ拾い読みと思ったが、駄作でさえもそれぞれ個性的な批評でつい読み進んでしまった。10代半ばから映画館に足しげく通って40年、気に入れば何度も繰り返し見たその蓄積はだてではなく、演出、脚本、撮影、音楽、俳優たちへの眼識は単なる映画ファンの域をはるかに超えている。映画一本一本を古今東西何千本との比較の中で多彩に論じる様にはただ感服の一語だ。

批評にレトリックのスパイスが効き、毎回、締めのひねりが楽しめる。ニヤリとすること再三だし、考えさせられもして、10本に8本は見たくなってしまうのは困るが、「映画をよく見ているときのほうが仕事もできた」という著者のひそみに倣おうか。最も頻繁に登場する旧作が『カサブランカ』、新作は『ノーカントリー』。『僕の洋画200本』の出版が待たれる。(純)

朝日新聞出版 2100円

  

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 就職四季報プラスワン
  • 森口将之の自動車デザイン考
  • ボクらは「貧困強制社会」を生きている
  • 赤木智弘のゲーム一刀両断
トレンドライブラリーAD
人気の動画
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
ストロング系チューハイの光と影
ストロング系チューハイの光と影
「電話嫌いの若者」が急に増えた意外すぎる理由
「電話嫌いの若者」が急に増えた意外すぎる理由
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「未来を知る」ための読書案内<br>ベストブック2021

先を見通せない日々が続きますが、本を開けばアフターコロナ時代のヒントがあふれています。本特集では、有識者や経営者、書店員らが推薦した200冊を掲載。推薦数の多い順にランキングしました。あなたにとっての珠玉の1冊を探してみてください。

東洋経済education×ICT