これは映画だ! 藤原帰一著

これは映画だ! 藤原帰一著

国際政治学者が『アエラ』に5年にわたり連載した洋画を中心とする映画評226本、300ページは壮観で、興味の持てそうな映画だけ拾い読みと思ったが、駄作でさえもそれぞれ個性的な批評でつい読み進んでしまった。10代半ばから映画館に足しげく通って40年、気に入れば何度も繰り返し見たその蓄積はだてではなく、演出、脚本、撮影、音楽、俳優たちへの眼識は単なる映画ファンの域をはるかに超えている。映画一本一本を古今東西何千本との比較の中で多彩に論じる様にはただ感服の一語だ。

批評にレトリックのスパイスが効き、毎回、締めのひねりが楽しめる。ニヤリとすること再三だし、考えさせられもして、10本に8本は見たくなってしまうのは困るが、「映画をよく見ているときのほうが仕事もできた」という著者のひそみに倣おうか。最も頻繁に登場する旧作が『カサブランカ』、新作は『ノーカントリー』。『僕の洋画200本』の出版が待たれる。(純)

朝日新聞出版 2100円

  

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • ミセス・パンプキンの人生相談室
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • カラダとおカネのよもやま話
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
電池開発でノーベル化学賞<br>吉野彰氏が示した「危機感」

受賞会見とともに、リチウムイオン電池の開発の歴史と当事者の労苦を振り返る。世界の先頭を走ってきた日本も、今後および次世代型の市場では優位性が脅かされつつある。吉野氏率いる全固体電池開発プロジェクトに巻き返しの期待がかかる。