日本の税金 新版 三木義一著

日本の税金 新版 三木義一著

税制とは本来、自分たちの属する組織である国家のために必要な財源を拠出することである。ところが、どこか「取られる」というイメージが付きまとう。税法の専門家である著者は、そうしたイメージを払拭できないのは、私たちが税金と正面から向き合ってこなかったからだと説く。巨額の債務超過を生み出してしまったのも同じ理由による。

所得税、法人税、消費税、相続税、地方税などの基本的な仕組みを解説しながら、日本の税制の何が問題で、どう改革すればいいのかを論じている。消費増税論議がかまびすしいが、必ずしも増税=悪ではないとも述べる。国民が納得して税金を拠出し、社会の安定に寄与できる税制づくりの道標を示す。

岩波新書 840円

  

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • ミセス・パンプキンの人生相談室
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • カラダとおカネのよもやま話
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
電池開発でノーベル化学賞<br>吉野彰氏が示した「危機感」

受賞会見とともに、リチウムイオン電池の開発の歴史と当事者の労苦を振り返る。世界の先頭を走ってきた日本も、今後および次世代型の市場では優位性が脅かされつつある。吉野氏率いる全固体電池開発プロジェクトに巻き返しの期待がかかる。