コンビニだけが、なぜ強い? 吉岡秀子著

コンビニだけが、なぜ強い? 吉岡秀子著

コンビニの「おいしい」「便利」は、もはや当たり前となり、「小売り」からサービスステーションへの道をひた走る。ライバル業態が次々と現れても強さは変わらない。

強さのポイントを、五つに集約すれば、(1)半歩先を行く「変化対応力」、(2)巻き込んで作る「商品力」、(3)仕組み作りに欠かせない「効率性」、(4)消費者を引き寄せる“娯楽性”、そして(5)地域住民と育む“公共性”だと、著者は言う。

「近くて便利」を徹底追求するセブン−イレブン、「多面化で個性のある店舗展開」をするローソン、「グローバル展開」のファミリーマートなど、社会的インフラの役割を担うまでに成長したコンビニの今とこれからを、無類のウォッチャーが分析・展望する。

朝日新書 819円

  

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ドラマな日常、日常にドラマ
  • 森口将之の自動車デザイン考
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 高城幸司の会社の歩き方
トレンドライブラリーAD
人気の動画
京セラのガラパゴススマホ「トルク」がたどり着いた境地
京セラのガラパゴススマホ「トルク」がたどり着いた境地
「人のために働く職業ほど低賃金」な根深い理由
「人のために働く職業ほど低賃金」な根深い理由
「半導体パニック」自動車産業に与える巨大衝撃
「半導体パニック」自動車産業に与える巨大衝撃
「雑談で笑いを取れない人」が知らない基本原則
「雑談で笑いを取れない人」が知らない基本原則
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
激動相場に勝つ!<br>株の道場

6月18日発売の『会社四季報』夏号が予想する今期業績は増収増益。利益回復に支えられる株価が上値を追う展開になるか注目です。本特集で株価が動くポイントを『会社四季報』の元編集長が解説。銘柄選びの方法を示します。

東洋経済education×ICT