コンビニだけが、なぜ強い? 吉岡秀子著

コンビニだけが、なぜ強い? 吉岡秀子著

コンビニの「おいしい」「便利」は、もはや当たり前となり、「小売り」からサービスステーションへの道をひた走る。ライバル業態が次々と現れても強さは変わらない。

強さのポイントを、五つに集約すれば、(1)半歩先を行く「変化対応力」、(2)巻き込んで作る「商品力」、(3)仕組み作りに欠かせない「効率性」、(4)消費者を引き寄せる“娯楽性”、そして(5)地域住民と育む“公共性”だと、著者は言う。

「近くて便利」を徹底追求するセブン−イレブン、「多面化で個性のある店舗展開」をするローソン、「グローバル展開」のファミリーマートなど、社会的インフラの役割を担うまでに成長したコンビニの今とこれからを、無類のウォッチャーが分析・展望する。

朝日新書 819円

  

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 夢を諦めない「脱会社員の選択」
  • 忘れえぬ「食い物の恨み」の話
  • 森口将之の自動車デザイン考
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
トレンドライブラリーAD
人気の動画
東芝、会社「3分割」に残る懸念
東芝、会社「3分割」に残る懸念
節約志向で「安い食品ばかり買う」人の重大盲点
節約志向で「安い食品ばかり買う」人の重大盲点
EVの切り札?夢の「全固体電池」は何がスゴいのか
EVの切り札?夢の「全固体電池」は何がスゴいのか
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「非財務」で生きる会社、死ぬ<br>会社 企業価値の新常識

今や株価を決める最大の要因は「非財務情報」というのが世界の常識に。優れた開示を行えば企業価値の向上につながる一方で、開示が不十分だと株を売られるリスクも。企業価値の新常識をめぐる混乱とその対処法に迫りました。

東洋経済education×ICT