コンビニだけが、なぜ強い? 吉岡秀子著

コンビニだけが、なぜ強い? 吉岡秀子著

コンビニの「おいしい」「便利」は、もはや当たり前となり、「小売り」からサービスステーションへの道をひた走る。ライバル業態が次々と現れても強さは変わらない。

強さのポイントを、五つに集約すれば、(1)半歩先を行く「変化対応力」、(2)巻き込んで作る「商品力」、(3)仕組み作りに欠かせない「効率性」、(4)消費者を引き寄せる“娯楽性”、そして(5)地域住民と育む“公共性”だと、著者は言う。

「近くて便利」を徹底追求するセブン−イレブン、「多面化で個性のある店舗展開」をするローソン、「グローバル展開」のファミリーマートなど、社会的インフラの役割を担うまでに成長したコンビニの今とこれからを、無類のウォッチャーが分析・展望する。

朝日新書 819円

  

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • ミセス・パンプキンの人生相談室
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • カラダとおカネのよもやま話
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
電池開発でノーベル化学賞<br>吉野彰氏が示した「危機感」

受賞会見とともに、リチウムイオン電池の開発の歴史と当事者の労苦を振り返る。世界の先頭を走ってきた日本も、今後および次世代型の市場では優位性が脅かされつつある。吉野氏率いる全固体電池開発プロジェクトに巻き返しの期待がかかる。