コンビニだけが、なぜ強い? 吉岡秀子著

コンビニだけが、なぜ強い? 吉岡秀子著

コンビニの「おいしい」「便利」は、もはや当たり前となり、「小売り」からサービスステーションへの道をひた走る。ライバル業態が次々と現れても強さは変わらない。

強さのポイントを、五つに集約すれば、(1)半歩先を行く「変化対応力」、(2)巻き込んで作る「商品力」、(3)仕組み作りに欠かせない「効率性」、(4)消費者を引き寄せる“娯楽性”、そして(5)地域住民と育む“公共性”だと、著者は言う。

「近くて便利」を徹底追求するセブン−イレブン、「多面化で個性のある店舗展開」をするローソン、「グローバル展開」のファミリーマートなど、社会的インフラの役割を担うまでに成長したコンビニの今とこれからを、無類のウォッチャーが分析・展望する。

朝日新書 819円

  

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
三菱重工と日立 「統合」破談から<br>10年 製造立国の岐路

10年前に統合構想が破談になった三菱重工業と日立製作所。その後両社は対照的な道を歩み、2009年に伯仲していた時価総額は今や日立が大きく上回っています。本特集では明暗が分かれた三菱重工と日立を主軸に、製造立国・日本の生きる道を探りました。

東洋経済education×ICT