「金正恩の北朝鮮」と日本 「北を取り込む」という発想 辺真一著

「金正恩の北朝鮮」と日本 「北を取り込む」という発想 辺真一著

北朝鮮の金正日総書記の死去を受け、その後継は、弱冠29歳の三男の正恩氏が襲った。金正恩体制となった北朝鮮の今後と日本との関係を、朝鮮半島専門誌の編集長が分析した。

日本人拉致問題や北朝鮮の核兵器開発問題などがあるとしても、日朝関係は決してイスラエルとパレスチナのような「不倶戴天の関係」ではないと説く。

北朝鮮は、中国には従属・隷属すること、韓国には吸収・統合されることを恐れている。そのどちらの可能性もない日本こそが、北朝鮮にとって安心・安全に付き合える国だという。このメリットを生かし、近所付き合いができる普通の国にするにはどうしたらいいのかを考察する。

小学館101新書 777円

  

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 最新の週刊東洋経済
  • 実践!伝わる英語トレーニング
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
消える仕事、残る仕事<br>1億人の「職業地図」

コロナ、AI、脱炭素――。私たちの雇用を取り巻く環境が激変しています。今後、どんな職業を選ぶかは死活問題に。2030年に向け「消える仕事」「残る仕事」36業種、「会社員の価値」がわかる9職種を掲載。本特集が職業を改めて考える機会になれば幸いです。

東洋経済education×ICT