第三者委員会は企業を変えられるか 郷原信郎著

第三者委員会は企業を変えられるか 郷原信郎著

重大な不祥事が企業や官公庁で表面化するたびに、必ずといってよいほど、信頼の回復を目的にして第三者委員会なるものが登場する。事実関係を調査し、原因を究明して再発防止策を策定するうえで中立性、客観性を確保するためだ。

元検事で弁護士の著者は多くの企業、官公庁の第三者機関の業務に携わり、そして九州電力で第三者委員会委員長を務めた。そこで遭遇したのは、「やらせメール、証拠廃棄、第三者委員会の調査報告書受け入れ拒否」。委員会自体に法的根拠はなく、業務執行の一環として経営陣が設置の決定や委員選定をするため、組織の意向が優先されがちだ。

九電のケースはその間の経緯が公開されて、いわば委員会のあり方のケーススタディになっている。第三者委員会は、不祥事企業が生まれ変わる「変革のエンジン」として機能するために、どうあるべきか。企業に“社会への目”を見開かせる確かな心掛けを、本書は教えてくれる。

毎日新聞社 1575円

  

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ドラマな日常、日常にドラマ
  • 森口将之の自動車デザイン考
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 高城幸司の会社の歩き方
トレンドライブラリーAD
人気の動画
京セラのガラパゴススマホ「トルク」がたどり着いた境地
京セラのガラパゴススマホ「トルク」がたどり着いた境地
「人のために働く職業ほど低賃金」な根深い理由
「人のために働く職業ほど低賃金」な根深い理由
「半導体パニック」自動車産業に与える巨大衝撃
「半導体パニック」自動車産業に与える巨大衝撃
「雑談で笑いを取れない人」が知らない基本原則
「雑談で笑いを取れない人」が知らない基本原則
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
激動相場に勝つ!<br>株の道場

6月18日発売の『会社四季報』夏号が予想する今期業績は増収増益。利益回復に支えられる株価が上値を追う展開になるか注目です。本特集で株価が動くポイントを『会社四季報』の元編集長が解説。銘柄選びの方法を示します。

東洋経済education×ICT