第三者委員会は企業を変えられるか 郷原信郎著

第三者委員会は企業を変えられるか 郷原信郎著

重大な不祥事が企業や官公庁で表面化するたびに、必ずといってよいほど、信頼の回復を目的にして第三者委員会なるものが登場する。事実関係を調査し、原因を究明して再発防止策を策定するうえで中立性、客観性を確保するためだ。

元検事で弁護士の著者は多くの企業、官公庁の第三者機関の業務に携わり、そして九州電力で第三者委員会委員長を務めた。そこで遭遇したのは、「やらせメール、証拠廃棄、第三者委員会の調査報告書受け入れ拒否」。委員会自体に法的根拠はなく、業務執行の一環として経営陣が設置の決定や委員選定をするため、組織の意向が優先されがちだ。

九電のケースはその間の経緯が公開されて、いわば委員会のあり方のケーススタディになっている。第三者委員会は、不祥事企業が生まれ変わる「変革のエンジン」として機能するために、どうあるべきか。企業に“社会への目”を見開かせる確かな心掛けを、本書は教えてくれる。

毎日新聞社 1575円

  

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
三菱重工と日立 「統合」破談から<br>10年 製造立国の岐路

10年前に統合構想が破談になった三菱重工業と日立製作所。その後両社は対照的な道を歩み、2009年に伯仲していた時価総額は今や日立が大きく上回っています。本特集では明暗が分かれた三菱重工と日立を主軸に、製造立国・日本の生きる道を探りました。

東洋経済education×ICT