鈴木敏文の実践! 行動経済学 鈴木敏文著/勝見明構成

鈴木敏文の実践! 行動経済学 鈴木敏文著/勝見明構成

市場飽和の悪環境をはねのけ、コンビニビジネスの快進撃が続く。中でもセブン−イレブン総帥の着眼力と実行力は注目の的だ。本書にまとめられたその最新エッセンスには、お客の心理や感情を重視する姿勢が貫かれている。

語録は、小売業界のビジネスパーソンにとって仕事に役立ちそうな言葉にあふれる。たとえば「新たな需要は店の中でなく常に外にある」「見える売れ残り(廃棄ロス)に目を奪われると縮小均衡の悪循環に陥る」「営業の最大目標は機会ロス(商品があれば売れたはずの売り損じ)の最小化にある」「仮説も立てず売れた分だけを補充する発注を続けている限り、売り場はマンネリ化する」「売り手側から買い手側へ視点を変えてデータを読む」「種類を絞り込むほど顧客は選択に迷わないが、価格も経済学だけではなく、心理学で考えないといけない」……。

多くが今流行の行動経済学の原理・原則にのっとっていることに驚かされる。

朝日新聞出版 1365円

  

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナショック、企業の針路
  • コロナ後を生き抜く
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 西村直人の乗り物見聞録
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
『会社四季報』最新号が見抜く<br>コロナ禍に強い会社

逆境下でも好業績を維持している企業はどこか。今期に過去最高益を更新、5期連続で増益など好調企業のリストを、ランキング形式でまとめました。会社が業績予想を開示しなかった日産、ホンダなど29社も、四季報記者が独自予想し公開しています。