日本国はいくら借金できるのか? 川北隆雄著

日本国はいくら借金できるのか? 川北隆雄著

四半世紀にわたって日本の財政をウォッチしてきた新聞記者が、国債を通して、この国の財政が抱える問題点と破綻の可能性を探った。

債務危機を考える際に最も一般的な指標である政府債務の対GDP比で見ると、日本の債務残高は、今や200%を超える。これはギリシャはもちろん、どの先進国よりも高い状態である。

にもかかわらず、今のところ日本国債の市場は安定している。その理由は、日本が債権大国であり、貯蓄大国であるからといわれる。しかし、そうだからといって、いつまでも安心していられるわけではない、と著者は言う。過去に国債のデフォルトを起こした国を例に、日本財政破綻のXデーを検証する。

文春新書 819円

  

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
  • コロナ後を生き抜く
  • 読んでナットク経済学「キホンのき」
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
東芝vs.モノ言う株主<br>取締役選任案めぐる攻防戦

ガバナンスの強化などを求める「モノ言う株主」から、取締役の選任を要求された東芝。反対表明と同時に、約40%を保有するキオクシアHD( 旧東芝メモリ)株の売却による株主還元方針も発表しました。7月末の株主総会は将来を決める試金石となります。