日本国はいくら借金できるのか? 川北隆雄著

日本国はいくら借金できるのか? 川北隆雄著

四半世紀にわたって日本の財政をウォッチしてきた新聞記者が、国債を通して、この国の財政が抱える問題点と破綻の可能性を探った。

債務危機を考える際に最も一般的な指標である政府債務の対GDP比で見ると、日本の債務残高は、今や200%を超える。これはギリシャはもちろん、どの先進国よりも高い状態である。

にもかかわらず、今のところ日本国債の市場は安定している。その理由は、日本が債権大国であり、貯蓄大国であるからといわれる。しかし、そうだからといって、いつまでも安心していられるわけではない、と著者は言う。過去に国債のデフォルトを起こした国を例に、日本財政破綻のXデーを検証する。

文春新書 819円

  

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 埼玉のナゾ
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • ミセス・パンプキンの人生相談室
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
大手から専業まで大混戦<br>中古マンション販売の隘路

新築価格が高止まりし、参入業者が急増する中古マンションの「買い取り再販」。デベロッパー自ら物件を取得し、リノベーションを施して販売する手法だ。価格上昇や売れ残り増加など懸念材料も出現、手放しでは喜べない活況の裏側を描く。