「フォルクスワーゲンは存続の危機にある」

ペッチュCFOが社内の会合で発言

 10月3日、独自動車大手フォルクスワーゲン(VW)の監査役会長に就任する予定となっているペッチュ最高財務責任者(CFO)は、このほど開かれた社内会合で、排ガス不正問題は「会社の存続を脅かす危機」だと指摘した。3月撮影(2015年 ロイター/Fabrizio Bensch)

[ベルリン 3日 ロイター] - 独自動車大手フォルクスワーゲン(VW)<VOWG_p.DE>の監査役会長に就任する予定となっているペッチュ最高財務責任者(CFO)は、このほど開かれた社内会合で、排ガス不正問題は「会社の存続を脅かす危機」だと指摘した。独ウェルト紙(日曜版)が報じた。

一方でペッチュ氏は、VWはこの危機を乗り越えることができると信じているとも指摘したという。

VWの広報担当者はこの報道に関してコメントを拒否した。

また、同紙によると、VWは2018年までに1000億ユーロとしている投資計画の削減を検討している。

VWはこの件についてもコメントを拒否した。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナウイルスの恐怖
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • トクを積む習慣
  • 子どもを本当に幸せにする「親の力」
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
新型肺炎の「致死率」<br>武漢だけ突出する理由

新型肺炎による死亡者は、湖北省、とくに武漢に集中しており、致死率は他の省を圧倒しています。この理由と背景は? 本誌デジタル版では、現地から果敢な報道を続ける中国「財新」特約の連載「疫病都市」を配信しています。