変わる新成人のクルマへの意識

ソニー損保の気になる調査

 

 

ソニー損保の「新成人のカーライフ意識調査」によると、免許保有者の8割が自分の車を所有したいと考えている反面、カーライフにかけられる金額は1カ月5000円以内とする人が3割近くに達することがわかった。この調査は昨年12月、今年成人となる男女各500人を対象にインターネットで行われた。

自動車運転免許の保有状況は、男性が前年調査より7.4ポイント上昇し、男女合計でも4.9ポイント増の56.7%に上昇。免許保有者567人のうち、「自分の車がある」「家族と共有の車がある」を合わせて26.5%が車を所有している。また、免許保有者で自分の車がない人417人に車の所有に対する意識を聞いたところ、8割の人が「自分の車を持ちたいと思う」と回答。レンタカー利用など「自分の車を持たないでよい」とする回答は1割を下回った。

車に対する価値観も、「移動手段としての道具」がトップだったものの、51.9%と前年に比べて8.4ポイント低下した。「家族・友人・恋人などとの時間に楽しみをもたらすもの」「運転することを楽しむもの」との回答が増加しているのが目立つ。

ただ、カーライフに1カ月いくらかけられるかでは、5001~1万円以内が22.8%と最も多く、以下、1~5000円以内が21.7%、1万0001~2万円以内が18.3%、2万0001~3万円以内が13.3%。ゼロ円も6.5%あった。

(『東洋経済 統計月報』編集部 =週刊東洋経済2012年1月28日号)

記事は週刊東洋経済執筆時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります。

 

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • インフレが日本を救う
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • 就職四季報プラスワン
  • コロナ後を生き抜く
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
自動車「コロナ不況」が促す<br>部品業界サバイバルの行方

コロナ危機の自動車部品メーカーへの影響は、過剰な設備と人員を抱えていた日産系でとくに深刻。比較的堅調だったトヨタ、ホンダ系も無傷ではありません。世界レベルでの技術開発競争は激化の一途で、生き残りへの再編と淘汰が始まろうとしています。