O2Oビジネスによる新しい消費行動

《O2Oビジネス最前線・黎明期を迎えた新・消費革命 第2回》

店に到着するとFacebookの「チェックイン」は忘れない。チェックインをすることで、「自分が今店にいる」ということをFacebook上に通知できる。もし、近くに友人がいれば、合流もできる。期待していた食事も、信頼している友人のおすすめならば外れはないだろう。

Facebookでは、チェックイン時にクーポンを取得できる(Facebookチェックインクーポン)。従来のクーポンのように雑誌やチラシから切り抜いたりする必要はない。スマートフォンの画面に表示したクーポンを店員に見せるだけと、非常に便利だ。

食事中に写真やコメントをスマートフォンからFacebookに投稿する。コメントは、ソーシャルメディア上の友人に自動的に配信される。

友人は、単に会社でいつも話している同僚だけではなく、普段あまり会うことのない故郷の同級生、海外に住んでいる友人、実際には会ったことのない同じ趣味の人もいる。

コメントは彼らの間に一瞬で拡散する。写真とコメントを見た友人から多くの共感が寄せられる場合もあり、その中の友人と再び店を利用することもある。

以上が、O2Oビジネスで実現する消費行動の一例だ。今までは、遠くの有名店まで出掛けていたが、信頼の置ける友人がすすめる確かな店へ行くようになる。チェーン店や値段が高い店ではなく、おいしくてお手頃な店を発見することができる。

次ページ拡散から共感へ
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ後を生き抜く
  • 財新
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • コロナショック、企業の針路
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
コロナ時代の新教養<br>今こそ最強の武器を手に入れよ!

ピンチをチャンスに切り替えるためには、脳内メモリーのリフレッシュが必要です。知の巨人による9の講義と、在宅で自己研鑽するための独習術、そして今読むべき厳選書籍を紹介し、新常態にふさわしい知力を鍛え上げる62ページ大特集です。