ブレア回顧録〈上・下〉 トニー・ブレア著/石塚雅彦訳 ~政治家の理念と言葉の大切さを再認識させる

ブレア回顧録〈上・下〉 トニー・ブレア著/石塚雅彦訳 ~政治家の理念と言葉の大切さを再認識させる

評者 中岡 望 東洋英和女学院大学教授

政治家の回顧録はあまり面白くないのが普通である。たとえば、ブッシュ前米大統領の回顧録は自己弁護に終始していた。あるいは手柄話で埋め尽くされた回顧録は数えられないほどある。

その点、本書は他の回顧録とは異質であり、知的な刺激に富んでいる。著者は1997年から2007年までの約10年間、英国の首相の座にあった。18年続いた保守党政権を総選挙で破り、「かつて味わったことのない恐れ」を抱いてダウニング街に足を踏み入れた日から辞任に至るまでの記録である。

邦題は『ブレア回顧録』だが、原題は『A JOURNEY(旅路)』である。著者は「この本を昔ながらの政治回顧録とは違った物にしたい」と序文に書いている。さらに「私は一つの型のリーダーとして出発し、別のタイプのリーダーとして終わる。本書を『旅路』と呼ぶのはそのためである」。首相在任の10年間を時系列で書き記したものではない。重要テーマ別に章を立て、事実にとどまらず、冷静な分析が加えられている。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ミセス・パンプキンの人生相談室
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • 「コミュ力」は鍛えられる!
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
集中連載「日立 踊り場の先へ」<br>ガバナンス問われる英国原発

日立製作所が着々と進めてきた英国の原発計画。来年にはすべての認可を得て、進むか退くかの最終判断を迫られる。経済合理性は疑問だが、会長案件という思惑も絡む。今の日立はどう判断するか。まもなくガバナンス改革の真価が問われる。