さよなら!僕らのソニー 立石泰則著

さよなら!僕らのソニー 立石泰則著

ソニーがウォークマンといった夢のある商品を生み出せなくなって久しい。著者は17年にわたるソニー取材を通し、衰退の背景を活写する。

「コンテンツとネットワークの時代」を掲げた出井伸之前会長は、家電製品を軽視して大きく変質させた。それにハワード・ストリンガー現会長の体制下で拍車がかかる。映画などを映す「箱」にすぎない製品には、価値を見いださなくなった。ソニーのテレビ事業は8期連続で赤字だが、これは安売りが原因ではない。コスト削減の下、独自のデジタル高画質技術を搭載しなくなったためと分析する。

経営の失敗を重ね、ブランド低下を招く。変化に翻弄される現場社員の当惑もリアルに収録されている。

文春新書 871円

  

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • 「脱ゆとり世代」のリアル
  • iPhoneの裏技
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
現場に厳しく、幹部に甘い<br>日本郵便・社員大量処分の杜撰

かんぽ生命の不適正販売をめぐって、社員の大量処分が進んでいますが、その現場からは不満の声ばかり聞こえてきます。営業現場に責任を押し付けるのではなく、日本郵便の本社・支社、かんぽが自らの非を認める日はいつ訪れるのでしょうか。

東洋経済education×ICT