さよなら!僕らのソニー 立石泰則著

さよなら!僕らのソニー 立石泰則著

ソニーがウォークマンといった夢のある商品を生み出せなくなって久しい。著者は17年にわたるソニー取材を通し、衰退の背景を活写する。

「コンテンツとネットワークの時代」を掲げた出井伸之前会長は、家電製品を軽視して大きく変質させた。それにハワード・ストリンガー現会長の体制下で拍車がかかる。映画などを映す「箱」にすぎない製品には、価値を見いださなくなった。ソニーのテレビ事業は8期連続で赤字だが、これは安売りが原因ではない。コスト削減の下、独自のデジタル高画質技術を搭載しなくなったためと分析する。

経営の失敗を重ね、ブランド低下を招く。変化に翻弄される現場社員の当惑もリアルに収録されている。

文春新書 871円

  

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ブックス・レビュー
  • 就職四季報プラスワン
  • 家族の法廷から
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
クスリの大罪<br>製薬会社、医師、薬局…癒着の構図

薬の処方はどうやって決まるのか。「病状」だけだと思ったら大間違いだ。製薬マネーを介した癒着の構図を明らかにし、学会有力者への謝礼金リストを初公開。ムダな薬による深刻な健康被害にも言及。その薬、本当に必要ですか?