テレ朝とKDDIが「動画コンテンツ」でも提携

共同制作第1弾はアイドルが主演するドラマ

2012年5月撮影(2014年 ロイター/Issei Kato)

[東京 20日 ロイター] - テレビ朝日とKDDI(au)<9433.T>は20日、スマートフォン(スマホ)向け動画配信事業で提携したと発表した。地上波番組連動のオリジナルコンテンツを共同制作するほか、テレ朝が放送中のドラマなどをauの動画配信サービス「ビデオパス」で配信する。

テレビ局の持つコンテンツをインターネットでも活用することで収益源の多角化を図る。

共同制作の第1弾として、AKB48グループメンバーが主演するドラマを10月からビデオパスで配信する。ビデオパスの視聴履歴などのビッグデータを活用、コンテンツ制作に生かす。

ビデオパスは月額562円(税抜)で映画やドラマ、アニメなどが見放題となるサービス。会員数は「100万件を超えた程度」(高橋誠KDDI専務)という。

テレビ局の動画配信事業をめぐっては、日本テレビが米動画配信「Hulu」の日本事業を買収したほか、フジテレビが米動画配信ネットフリックス<NFLX.O>向けにオリジナルコンテンツを提供するなど、強化の動きが加速している。

 

(志田義寧)

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • あの日のジョブズは
  • 西村直人の乗り物見聞録
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • おとなたちには、わからない
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
スペシャルインタビュー<br>元ラグビー日本代表・畠山健介

今年から米メジャーリーグ・ラグビーのチームに所属、華やかな選手生活とは裏腹に幾多の葛藤を乗り越えてきた畠山選手。「ラグビーファンの拡大には、リーグのプロ化が不可欠だ」。新天地にいる今だから見えてきた日本ラグビー改革論を熱く語ります。