大和ハウス工業が3年後に売り上げ2兆円、営業利益1200億円の中計発表

大和ハウス工業が3年後に売り上げ2兆円、営業利益1200億円の中計発表

大和ハウス工業は8日、2014年3月期に売上高2兆円、営業利益1200億円達成を目標とする3カ年の中期経営計画を発表した。戸建てや商業施設などのコア事業の強化をはかる一方、海外事業、M&Aを含む成長投資に期間中5000億円を投じる。同時発表した11年4~9月期(上期)決算は大幅な増収増益となり、今12年3月期通期会社予想を上方修正した。

中計期間中、売り上げは平均6%、営業利益は同11%の伸びを見込む。セグメント別の計画では、戸建て事業が首都圏など大都市圏を中心とした拠点・要員の拡充や地域特性を生かした商品企画、太陽光発電など環境配慮型商品の展開強化などで、前11年3月期に部門売上高3224億円、営業利益72億円を最終年度に3800億円、190億円に引き上げる。期間中の営業利益の伸び率を最も高く設定しているのが、戸建て事業だ。

絶対額で大きいのは賃貸住宅事業。シェア拡大に向けた拠点・要員拡充とともに管理受託戸数を最終年度に現状7割増の40万戸に引き上げる。これにより前期売上高4961億円、営業利益469億円を最終年度に6100億円、550億円にする計画だ。

また投資計画は、不動産開発(出資含む)に3000億円、海外事業に500億円、M&Aに500億円、設備投資に1000億円の計5000億円。資金は営業キャッシュフロー2600億円と不動産開発の回収2400億円で捻出する。海外事業の売上高は中計達成時に200億~300億円程度とまだ少なく、次期中計で売り上げ貢献する事業にする予定。M&Aは不動産管理会社などを想定している。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 財新
  • 今見るべきネット配信番組
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ひろゆき感動「難病61歳の人生サイボーグ化計画」
ひろゆき感動「難病61歳の人生サイボーグ化計画」
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
会社にとって「一番お荷物になる社員」5つの条件
会社にとって「一番お荷物になる社員」5つの条件
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
生前贈与がダメになる<br>相続の新常識

相続をめぐる環境が激変しています。年110万円まで非課税だった生前贈与が税制改正により認められなくなる可能性も。本特集では相続の基本から、よくあるトラブルと解消法、最新路線価に基づく相続税額、さらに生前贈与の将来動向まで取り上げました。

東洋経済education×ICT