暮らし視点の経済学 山家悠紀夫著

暮らし視点の経済学 山家悠紀夫著

徹底的に需要サイドから分析・政策提言した日本経済論であり、おのずと「新成長戦略」に対する批判の書となっている。政策批判は「暮らしが厳しくなったのも、国内需要の不振が長引いているのも、『構造改革』政策の悪しきツケである」とまでさかのぼる。

実際、日本は先進国の中で際立った形で、「賃金が上がらない(むしろ下がっている)から消費が増えない、消費が増えないから国内需要が不振に陥る」という景況が続いている。

著者は、需要サイドが主たる原因で景気が悪くなり、貧しい人が量産されたのだから、政策は供給サイドではなく、需要サイドに目を向けるべきだと説く。

では、賃金が上昇に反転するような経済構造に戻すにはどうすべきか。「週40時間労働で暮らせる社会」、「(北欧でなく)西欧並みの水準」の社会保障、「負担能力に応じた増税」を通じた独仏並みの国民負担率など、少数派ながら検討に値する諸政策を提言する。

新日本出版社 1890円

  

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 日本資本主義の父 渋沢栄一とは何者か
  • あふれる独自性 ニッポンのすごい研究者
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
徹底検証「都心vs.郊外」<br>激動 マンション・住宅

在宅勤務の長期化を受け新しい住まいへの需要が急膨張。想定外の事態に供給業者も対応に追われています。2度目の緊急事態宣言発出という状況下、住宅市場はどう変わるのでしょうか。最前線での取り組みを徹底取材しました。

東洋経済education×ICT