仏高速鉄道TGVを悩ます型破りなライバル

低価格を武器に新興企業が攻め込む

ブラブラカーのサイトでTGVの幹線ルートであるパリ―リヨン間を検索してみると、平均30ユーロ(約4000円)台の料金が並び、中には22ユーロ(約3000円)といった料金の車もある。一方、TGVの予約サイトを見ると、2等標準運賃は65.60ユーロ(約8900円)。フランス国鉄をはじめ欧州の鉄道は航空機のように時間帯などで価格が変動する料金システムのため、35ユーロといった安い料金を設定している列車もあるものの、平均的にはライドシェアのほぼ倍の料金がついている。

記事によると、2014年下期のフランス国内の長距離旅客輸送シェアのうち、ライドシェアの割合は2%近くに達しているという。一方、EUの統計局ユーロスタットのデータによると、2013年の同国内の旅客輸送に占める鉄道のシェアは9.4%だ。同国でのライドシェアサービスは年率40~60%で成長を続けているといい、鉄道に影響を及ぼすレベルに近づいているといえる。

フランスの高速道路の最高速度は時速130kmで、時速160~200km程度で走る在来線長距離列車と競合するのはうなずける。だが、スピードでは車を圧倒するはずのTGVにも無視できない影響があるという。

速さから安さへ、迫られる路線変更

記事によると、その理由は料金の安さや「自宅近くから乗れる」「時間が自由」といった点だけでなく、フランスの鉄道網の構成にあるという。同国の鉄道はパリを中心に放射状に広がっているため、地方の主要都市間を移動する場合もパリを経由したほうが早いケースが多いが、車なら両都市間をダイレクトに行き来でき、結果として早く目的地に着けるためだ。

実際、新たな交通手段の躍進を裏付けるかのように、TGVを運行するフランス国鉄長距離部門の2014年の収益は前年比で1.1%減少。景気の低迷など他の要因もあるものの、在来線中長距離輸送の収益はTGVよりさらに落ち込み、前年比で3.6%減った。同社は2015年の見通しについても「厳しい状態が続く」としており、その理由の一つとして「原油価格の下落に伴うLCC(格安航空)やライドシェアとの競争激化」を挙げている。

次ページフランス国鉄が始めた新サービスとは?
鉄道最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • ボクらは「貧困強制社会」を生きている
  • 若者のための経済学
  • 本当に強い大学
トレンドライブラリーAD
人気の動画
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
ネットで生卵がメチャメチャ売れる驚きの理由
ネットで生卵がメチャメチャ売れる驚きの理由
やる気を削がれる人と奮起する人の決定的な差
やる気を削がれる人と奮起する人の決定的な差
「名岐アパレル」で連鎖倒産、産地の厳しい現実
「名岐アパレル」で連鎖倒産、産地の厳しい現実
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
サプライズと配当成長株で勝つ<br>株の道場 成長先取り編

菅首相の退陣決定を受け、東証株価指数が31年ぶりの高値へ急騰。日経平均株価も3万円を超えました。本特集では9月17日発売の『会社四季報』秋号を先取りし、上方修正期待の大きいサプライズ銘柄を抽出。株価上昇を享受する方法を会得しましょう。

東洋経済education×ICT