新国立見直しでラグビーW杯有力地は横浜に

場所を変更すれば開催に影響なし

 7月17日、日本の新国立競技場の建設計画が白紙に戻ったことを受け、ラグビーの2019年W杯日本大会の組織委員会は、開幕戦と決勝戦を同競技場で予定していた開催計画を見直すこととなった。写真は同競技場の建設予定地(2015年 ロイター/Thomas Peter)

[シンガポール 17日 ロイター] - 日本の新国立競技場の建設計画が白紙に戻ったことを受け、ラグビーの2019年ワールドカップ(W杯)日本大会の組織委員会は、開幕戦と決勝戦を同競技場で予定していた開催計画を見直すこととなった。

ラグビーの国際統括団体「ワールドラグビー」(WR)は17日、「新国立競技場が2019年W杯に間に合わないとの発表は非常に残念」との声明を出した。日本大会組織委員会からの詳細な説明を至急求めるとし、この日の発表に関係する選択肢を検討する必要があると述べた。

有力な代替地としてはサッカーの2002年W杯決勝を開催した横浜国際競技場が挙げられ、収容能力は7万2000人。新国立競技場は8万人収容の予定。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • 本当は怖い住宅購入
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
三菱重工と日立 「統合」破談から<br>10年 製造立国の岐路

10年前に統合構想が破談になった三菱重工業と日立製作所。その後両社は対照的な道を歩み、2009年に伯仲していた時価総額は今や日立が大きく上回っています。本特集では明暗が分かれた三菱重工と日立を主軸に、製造立国・日本の生きる道を探りました。

東洋経済education×ICT