原爆投下は予告されていた 古川愛哲著

原爆投下は予告されていた 古川愛哲著

広島と長崎への原爆投下は予告なしに行われた。これが日本の常識だが、予告は再三再四、行われていた。このため情報を入手した陸海軍将校は現地を事前に離れ、洞穴に潜み、民間人と捕虜は見殺しにされた。そして原爆投下直後、捕虜救出のため米兵が長崎に上陸したという驚くべき事実がある。作戦遂行へ向け米艦船群は、機雷の浮かぶ長崎湾になんと日本側の水先案内で接近したという。

一方、広東で外国放送傍受を担当する日本兵が、原爆投下の予定日まで上司に報告していたのに握り潰される。原爆搭載機は小倉が視界不良で長崎へ転じた、という定説にも裏があった。原爆を試したい米国、終戦工作を急ぐ日本、双方の思惑とともに民間人を犠牲にする軍首脳の陰謀が明らかに。戦中も戦後も国民の知る権利がいかにないがしろにされてきたか。原爆投下の真実を追究する熱意にあふれた告発の書。原爆投下直後の広島、長崎の惨状描写も生々しい。(純)

講談社 1575円

  

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • 賃金・生涯給料ランキング
  • ボクらは「貧困強制社会」を生きている
  • 地方創生のリアル
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
変わる日立<br>IoTで世界へ挑む

日本を代表する巨大総合電機企業が今、「脱製造業」ともいえる動きに舵を切っています。攻めの主役は「ルマーダ」。社長の肝煎りで始まった独自のIoT基盤です。データを軸にGAFAと組むことも辞さないという改革の成否が注目されます。