有料会員限定

日経平均「バブル超え」も「お立ち台」は現れない 「実体を伴った4万円」という言説の胡散臭さ

✎ 1〜 ✎ 50 ✎ 51 ✎ 52 ✎ 最新
拡大
縮小
日経平均株価のイメージイラスト
(イラスト:北沢夕芸)
【情報提供をお願いします】東洋経済ではあなたの周りの「ヤバい会社」「ヤバい仕事」の情報を募っています。ご協力いただける方はこちらへ。

株価が日経平均で史上最高値を更新し、4万円の大台に乗った。1989年のバブル期を超える高値水準である。

その「バブル超え」の瞬間をとらえたニュース映像が流された。

証券会社のフロアにくす玉が用意され、幹部社員が「今日はいけると思います」と破顔を見せる。

その瞬間がやってくる。

「やったー」という歓声と、パチパチという社員たちの拍手……。

あれ、熱狂っつう感じじゃないな。そりゃそうだ。ベテランの幹部社員はバブルを知っているから涙を流すが、フロアにいる若い社員には「何のことやら」である。

で、テレビ画面には、バブル時代の熱狂の映像として、ディスコ(クラブ)で扇子を持って踊る女性たちの姿が流れる。

うむ。ド定番だ。

街頭インタビューで、「バブルの頃は、タクシーをつかまえられず、1万円札をヒラヒラさせて止めたもんです」というのもド定番だ。

どちらも事実ではある。

関連記事
トピックボードAD
トレンドライブラリーAD
人気の動画
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
【資生堂の研究者】ファンデーションの研究開発の現場に密着
【資生堂の研究者】ファンデーションの研究開発の現場に密着
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT
東洋経済オンライン有料会員のご案内