有料会員限定

覇権の源泉「NATO」離脱を叫ぶトランプの愚 安全保障ネットワークの中心をなぜ手放そうとするのか

✎ 1〜 ✎ 722 ✎ 723 ✎ 724 ✎ 最新
拡大
縮小
共和党大統領候補ドナルド・トランプ元大統領(写真:アフロ)

トランプ前米大統領は北大西洋条約機構(NATO)に加盟する同盟国の国防支出が少なすぎると繰り返し批判しているが、アイゼンハワーまでさかのぼる米国の歴代大統領もまた、欧州に負担拡大の圧力を加えてきたことは、覚えておく価値がある。

NATO巡るトランプ氏の発言

とはいえ、今年2月にトランプ氏が外国の侵略国家に「滞納」加盟国を攻撃するようけしかけNATO同盟国の安全を直接的に危険にさらすまで、そうした言動を取る米大統領や米大統領候補はいなかった。トランプ氏の悪趣味な発言は、国内総生産(GDP)比で2%というNATOの国防費目標とNATOに対する直接的な支払いとを混同する紛らわしいものだ。

不公平な負担に対するトランプ氏の不満は一部の米国民にはもっともなものと映るだろう。主要な紛争地帯から遠く離れた米国が、なぜNATO同盟国平均の2倍の国防費を支出せねばならないのか。

関連記事
トピックボードAD
トレンドライブラリーAD
人気の動画
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
【資生堂の研究者】ファンデーションの研究開発の現場に密着
【資生堂の研究者】ファンデーションの研究開発の現場に密着
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT
東洋経済オンライン有料会員のご案内