日本の生保業界のアウトルックを「ネガティブ」に変更《ムーディーズの業界分析》


金融機関グループ
主任格付アナリスト/VPシニア・アナリスト
川田 兼司

ムーディーズは7月15日、日本の生命保険業界の見通しを「安定的」から「ネガティブ」に変更した。3月11日に発生した東日本大震災以前は、日本の生命保険会社の事業環境は比較的安定していたが、震災の直接的な影響、および日本経済への影響が、金融市場および消費者心理に影を落としており、生命保険業界にマイナスの影響を与えている、とムーディーズは分析する。

震災からの直接の影響が期間利益には見られたものの、生命保険会社の2011年3月期の業績は安定している。多くの生命保険会社における逆ザヤ負担は減小した。解約・失効率が引き続き低下し、契約継続率・営業職員在籍率も引き続き改善を示した。

保有契約年換算保険料-個人保険・個人年金

[+]画像拡大

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • 「脱ゆとり世代」のリアル
  • iPhoneの裏技
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
現場に厳しく、幹部に甘い<br>日本郵便・社員大量処分の杜撰

かんぽ生命の不適正販売をめぐって、社員の大量処分が進んでいますが、その現場からは不満の声ばかり聞こえてきます。営業現場に責任を押し付けるのではなく、日本郵便の本社・支社、かんぽが自らの非を認める日はいつ訪れるのでしょうか。

東洋経済education×ICT