FOMC声明は「ハト派的」で利上げ遠のいた?

ドル円は再び123円台、円高へ

 17日のニューヨーク外為市場では、ドルが下落した。写真はドルとユーロの紙幣、ソフィアで3月撮影(2015年 ロイター/Stoyan Nenov)

[ニューヨーク 17日 ロイター] - 17日のニューヨーク外為市場では、ドルが下落した。16─17日開催の米連邦公開市場委員会(FOMC)後に発表された声明で、米経済は回復して年内利上げに十分耐えられるとの認識が示されたものの、2015年の経済見通しが年初の低成長で下方修正された。

声明は思ったほどタカ派的でなく、米連邦準備理事会(FRB)の利上げ時期が後ずれしたという市場の見方もあって、ドルが売られた。

ドルの主要6通貨に対するドル指数<.DXY>は直近で0.75%安の水準。

米利上げ時期についてのアナリストの予想は、9月なのか12月なのかで割れている。

シティのG10FX戦略部門責任者、スティーブン・イングランダー氏は「FOMC 声明は市場予想ほどタカ派的ではなかった」と述べたうえで、利上げ開始について、FR Bは市場が期待していたほど明確な指針を示さなかったと指摘した。

またシャプドレーヌ・フォーリーン・エクスチェンジ(ニューヨーク)のマネジング・ディレクター、ダグラス・ボースウィック氏は「声明はおおむねハト派的でドルは弱い」とし、「FRBは概して、インフレが明確に表れるのを待っており、まだその状況ではないと見ているということだ」と述べた。

ギリシャのデフォルト(債務不履行)懸念で下落していたユーロ/ドル<EUR=>は終盤0.75%高の1.1327ドルで取引されている。

前出のイングランダー氏は、FOMC声明発表前に上昇していた米債利回りが発表後に下落したのは、市場の失望感を表していると指摘した。

またドルは対スイスフランとポンドで1%以上下落した。ドル/スイスフランは1.15%安の0.9215フラン。ポンド/ドル<GBP=>は昨年11月以来の高値水準で1.20%高の1.5826ドルとなっている。2─4月の英平均週間賃金上昇率は、市場予想の前年比2.1%増を上回る2.7%増となり、ポンドの支援要因となった。

ドル/円    終値   123.41/43

始値   124.00/01

前営業日終値   123.35/37

ユーロ/ドル  終値   1.1339/41

始値   1.1269/70

前営業日終値   1.1249/54

*内容を追加しました。

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • ブックス・レビュー
  • 就職四季報プラスワン
  • 映画界のキーパーソンに直撃
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
電池開発でノーベル化学賞<br>吉野彰氏が示した「危機感」

受賞会見とともに、リチウムイオン電池の開発の歴史と当事者の労苦を振り返る。世界の先頭を走ってきた日本も、今後および次世代型の市場では優位性が脅かされつつある。吉野氏率いる全固体電池開発プロジェクトに巻き返しの期待がかかる。