有料会員限定

日米通商交渉「決裂」から30年、当事者は何を思う 日本は「ダメなものはダメ」との原則を貫徹した

✎ 1〜 ✎ 435 ✎ 436 ✎ 437 ✎ 最新
拡大
縮小

貿易摩擦下の日米が激しくやり合った30年前の通商交渉。その教訓を双方の当事者たちが振り返る。

1994年2月11日に行われた日米首脳会談は決裂した。共同で記者会見をする細川首相とクリントン大統領(写真:AFP=時事)

雪が降っていた。しんしんと降っていた。

1994年2月11日午前4時すぎ。米ワシントンの通商代表部(USTR)。2階の「203号会議室」から羽田孜副総理兼外相らの一行が足早に降りてきた。

ミッキー・カンターUSTR代表との話し合いがまとまらなかったのだ。その瞬間、数時間後に開かれる日米首脳会談の決裂が確定した。戦後初めてのことだった。

「日米合意せず」もありうると考えていたのは、通商産業省(現経済産業省)の米州課長だった豊田正和氏。担当者として、このときはワシントンに滞在していた。

「それまでの交渉で両国の立場には違いが大きいこともわかっていた。米国との場合、いつもは日本側が譲歩して交渉をまとめようとするが、このときは違った。主戦論も強かった。細川首相も筋を通す人だと知っていたので、交渉妥結は難しいだろうと思っていた」

次ページ日本の存在感が薄くなった
関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
【田内学×後藤達也】激論!日本を底上げする「金融教育」とは
【田内学×後藤達也】激論!日本を底上げする「金融教育」とは
【田内学×後藤達也】株高の今「怪しい経済情報」ここに注意
【田内学×後藤達也】株高の今「怪しい経済情報」ここに注意
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
【資生堂の研究者】ファンデーションの研究開発の現場に密着
【資生堂の研究者】ファンデーションの研究開発の現場に密着
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT
東洋経済オンライン有料会員のご案内