有料会員限定

今や不人気! 「公務員労働」の魅力向上が急務だ 就職人気ランキングでは低下、離職率は上昇

✎ 1〜 ✎ 445 ✎ 446 ✎ 447 ✎ 最新
拡大
縮小
公務員の仕事イメージ画像
(写真:maroke/PIXTA)

公務員の人気が低下傾向にある。国・地方公共団体への志願者数や競争倍率に如実に表れており、民間の労働市場の逼迫と合わせるかのように最近では低調な数字となっている。

例えば、20年ほど前の不況期には10倍を超えていた地方公務員の競争倍率は、一昨年には5.2倍まで低下し、ほぼ半減した。将来の雇用リスクが少ないとして公務員が就職先として人気を博したのは過去の話だ。公務員の離職率も上昇傾向にあり、公務部門は人材確保に悩まされている。

人気低下の原因

背景には、競合する民間企業の旺盛な新規採用行動があるが、それだけが理由ではないだろう。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
【田内学×後藤達也】激論!日本を底上げする「金融教育」とは
【田内学×後藤達也】激論!日本を底上げする「金融教育」とは
【田内学×後藤達也】株高の今「怪しい経済情報」ここに注意
【田内学×後藤達也】株高の今「怪しい経済情報」ここに注意
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
【資生堂の研究者】ファンデーションの研究開発の現場に密着
【資生堂の研究者】ファンデーションの研究開発の現場に密着
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT
東洋経済オンライン有料会員のご案内