有料会員限定

「ガザ問題」でロシアに便乗する中国の中東外交 中国とロシアは対米牽制で戦略的提携を強める

✎ 1〜 ✎ 418 ✎ 419 ✎ 420 ✎ 最新
拡大
縮小
10月18日に北京の「一帯一路」フォーラムで、集合写真の際に中央に立って手を振る中国の習近平国家主席とロシアのプーチン大統領(写真:Getty Images)

アメリカのバイデン大統領がイスラエルに飛んだ10月18日、北京では「一帯一路」の10周年を記念する高級フォーラムが開かれていた。集合写真で習近平国家主席の隣に立ったのは、ロシアのプーチン大統領だ。

ウクライナ侵攻以降、外遊もほとんどできなくなった彼に、習が国際活動への復帰の道を開いてやった形だ。プーチンは北京で、中国以外にも8カ国の首脳と個別に会談した。

フォーラムでの演説で、プーチンは次々と「一帯一路」との接続計画を明らかにした。既存のインド洋航路に加えて、2024年からロシア沿岸の北極海航路を通年運用する。シベリア鉄道を拡張し、北極海航路と中国などを結ぶ南北ルートを通す。

中国の懐の中で生きるロシア

彼の訪中の直前、中ロ間では相互ノービザの団体渡航も再開された。ロシアは中国のシベリア進出にずっと慎重だったが、新たな国際環境を踏まえ、中国の懐の中で生きる覚悟を固めてきた。

中国は8月末に公開した地図の中で、中ロが2004年に東西等分で合意した大ウスリー島をすべて自国領と記載した。現在のロシアは異議申し立てもできない。

関連記事
トピックボードAD
トレンドライブラリーAD
人気の動画
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
【動物研究家】パンク町田に密着し、知られざる一面に迫る
【動物研究家】パンク町田に密着し、知られざる一面に迫る
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT
東洋経済オンライン有料会員のご案内