東京電力が決算発表、破綻リスクを表明

東京電力が決算発表、破綻リスクを表明

東京電力は、20日に発表した2011年3月期決算で、継続企業の前提に重要な疑義があると表明した。福島第一原発事故による特別損失で財務が大きく毀損、さらに決算に織り込まれていない原発事故の賠償負担の見通しがたっていないことから、企業として現状のまま存続できない可能性があると表明した。
 
 企業の決算書は、企業が存続することを前提に作成される。しかし、業績の悪化など、破綻リスクが認められる場合には、その決算書の前提が崩れることになるため、企業は自ら破綻リスクがあることを明らかにしなくてはならない。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
トレンドライブラリーAD
人気の動画
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
ネットで生卵がメチャメチャ売れる驚きの理由
ネットで生卵がメチャメチャ売れる驚きの理由
やる気を削がれる人と奮起する人の決定的な差
やる気を削がれる人と奮起する人の決定的な差
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
SDGsが迫る企業変革<br>ビジネスと人権

サプライチェーンの中で起きる人権侵害への意識が高まっています。欧米では法制化が着実に進展し、企業に対し人権リスクの把握と対策を求める動きが顕著に。欧米に比べて出遅れている日本企業の現状を多角的に検証します。

東洋経済education×ICT