資生堂・中興の祖、福原義春が残した「ある課題」 成長の礎を築き92歳で逝去、文化人社長の横顔

拡大
縮小
ふくはら・よしはる/1931年生まれ。1953年資生堂入社、新入社員から現場を経験し、1978年取締役外国部長。専務取締役、副社長などを経て、1987年代表取締役社長。直後に大胆な経営改革を断行する。1997年代表取締役会長、2001年から名誉会長。2023年8月30日老衰により逝去(写真は2010年、撮影:尾形文繁)

 「賭けよね、いい会社にしてね」

2014年、日本コカ・コーラ出身の魚谷雅彦氏を社長に選任するという報告を受けた福原義春氏は、こう答えたという。

「福原さんらしいジョークだろう」、同氏と外国部などで長年にわたってともに仕事をしてきた資生堂の元幹部社員は、発言の真意についてこう推測する。

「あなたはまだ社長をやりたいの」

今年8月30日、資生堂の福原名誉会長(1987~1997年に社長)が92歳で逝去した。福原氏に近い関係者によれば、創業家出身のトップでありながら茶目っ気のある穏やかな性格だったという。

役員会議などでもこうしたジョークを好んで使い、場を和ませていた。また、会議で賛成のときは「これいいわね」とほめる一方で、反対の際はあえて言葉にせず、部下はその雰囲気を察したという。

だからこそ厳しい言葉を使うときには重みがあった。「あなたはまだ社長をやりたいの」。前田新造元社長が2013年に社長に再登板したときにはこう聞いた。

福原氏は「社長や団体の長は3年6期」という持論を持っていた。前田氏は社長を6年務め会長に退いた後に、再び社長の座に就いていたのだ。その1年後に前田氏は魚谷氏に社長のバトンを渡すことになる。

関連記事
トピックボードAD
ビジネスの人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
日本の「パワー半導体」に一石投じる新会社の誕生
日本の「パワー半導体」に一石投じる新会社の誕生
TSUTAYAも大量閉店、CCCに起きている地殻変動
TSUTAYAも大量閉店、CCCに起きている地殻変動
【田内学×後藤達也】新興国化する日本、プロの「新NISA」観
【田内学×後藤達也】新興国化する日本、プロの「新NISA」観
【田内学×後藤達也】激論!日本を底上げする「金融教育」とは
【田内学×後藤達也】激論!日本を底上げする「金融教育」とは
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT