実践ソーシャル・メディア・マーケティング ジム・スターン著/酒井泰介訳

実践ソーシャル・メディア・マーケティング ジム・スターン著/酒井泰介訳

ブログやツイッター、フェイスブック、ユーチューブなど、今をときめくソーシャルメディアをやみくもに使っても、往々にして期待ほどのマーケティング効果は得られない。ただフォロワーやファン、口コミを増やせばいいというものでないからだ。

売り上げ向上につながるソーシャルメディアの有効活用は、どのようにすべきなのか。その効果をどう測定すればいいのか。それは多くの企業が抱える悩みだろう。本書はその解消の手掛かりを与えてくれる。著者は米国のオンラインマーケティングの先達だけに、先進的な事例が豊富に盛り込まれ、具体的な活用法が公開されている。

米国では数多くの多様な企業がこの販促の新規ルート開拓にかかわっているのに驚かされるが、それだけ将来性がある証拠なのかもしれない。「まず顧客の声を聞け」としつつ、「それだけではipodは生まれなかった」との見方があるのも印象的だ。

朝日新聞出版 2310円

  

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • おとなたちには、わからない
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ついに上場廃止、大塚家具の末路
ついに上場廃止、大塚家具の末路
日本初、「工場を持たない」EVメーカー誕生の衝撃
日本初、「工場を持たない」EVメーカー誕生の衝撃
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
2050年の中国<br>世界の覇者か、落日の老大国か

米国と並ぶ超大国を目指す中国。しかし中国の少子高齢化はこれまでの想定を超える速さで進行しています。日本は激変する超大国とどう付き合うべきか。エマニュエル・トッド、ジャック・アタリ、大前研一ら世界の賢人10人が中国の将来を大胆予測。

東洋経済education×ICT