実践ソーシャル・メディア・マーケティング ジム・スターン著/酒井泰介訳

実践ソーシャル・メディア・マーケティング ジム・スターン著/酒井泰介訳

ブログやツイッター、フェイスブック、ユーチューブなど、今をときめくソーシャルメディアをやみくもに使っても、往々にして期待ほどのマーケティング効果は得られない。ただフォロワーやファン、口コミを増やせばいいというものでないからだ。

売り上げ向上につながるソーシャルメディアの有効活用は、どのようにすべきなのか。その効果をどう測定すればいいのか。それは多くの企業が抱える悩みだろう。本書はその解消の手掛かりを与えてくれる。著者は米国のオンラインマーケティングの先達だけに、先進的な事例が豊富に盛り込まれ、具体的な活用法が公開されている。

米国では数多くの多様な企業がこの販促の新規ルート開拓にかかわっているのに驚かされるが、それだけ将来性がある証拠なのかもしれない。「まず顧客の声を聞け」としつつ、「それだけではipodは生まれなかった」との見方があるのも印象的だ。

朝日新聞出版 2310円

  

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ブックス・レビュー
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 「生活定点」で振り返る平成
  • 賃金・生涯給料ランキング
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
衰退か再興か<br>アトキンソンと考える<br>日本の生存戦略

急激な人口減少と高齢化の先に待ち受ける地盤沈下を避け「日本再興」を進めるには、従来の常識にとらわれず新しい発想で問題に取り組むことが必要だ。最低賃金の引き上げを含む3つの生産性向上策を軸に、日本が生き残る道を探った。