実践ソーシャル・メディア・マーケティング ジム・スターン著/酒井泰介訳

実践ソーシャル・メディア・マーケティング ジム・スターン著/酒井泰介訳

ブログやツイッター、フェイスブック、ユーチューブなど、今をときめくソーシャルメディアをやみくもに使っても、往々にして期待ほどのマーケティング効果は得られない。ただフォロワーやファン、口コミを増やせばいいというものでないからだ。

売り上げ向上につながるソーシャルメディアの有効活用は、どのようにすべきなのか。その効果をどう測定すればいいのか。それは多くの企業が抱える悩みだろう。本書はその解消の手掛かりを与えてくれる。著者は米国のオンラインマーケティングの先達だけに、先進的な事例が豊富に盛り込まれ、具体的な活用法が公開されている。

米国では数多くの多様な企業がこの販促の新規ルート開拓にかかわっているのに驚かされるが、それだけ将来性がある証拠なのかもしれない。「まず顧客の声を聞け」としつつ、「それだけではipodは生まれなかった」との見方があるのも印象的だ。

朝日新聞出版 2310円

  

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • 「脱ゆとり世代」のリアル
  • iPhoneの裏技
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
菅新政権大研究<br>行方を占う5つのポイント

歴代最長の7年8カ月に及んだ安倍政権から何が変わるのか。「自助」好き、「経産省内閣」の継承の有無、解散総選挙など5つの観点で読み解きます。エコノミスト17人へ緊急アンケートを実施、経済見通しと課題も浮き彫りに。

東洋経済education×ICT