凸版印刷は仙台工場でチラシ・カタログなど商業印刷ラインが通常操業復帰、フィルム印刷も復旧急ぐ【震災関連速報】

凸版印刷は仙台工場でチラシ・カタログなど商業印刷ラインが通常操業復帰、フィルム印刷も復旧急ぐ【震災関連速報】

総合印刷大手の凸版印刷は、東日本大震災で被災した仙台工場(仙台市泉区)の復旧作業を急いでいる。チラシ、カタログなど商業印刷の生産ラインは4月18日時点で通常操業に復帰。フィルム印刷についても復旧活動を進めている。

仙台工場は、東日本大震災の影響で設備などが損傷し操業が一時停止したが、家電量販店向けなどのチラシ、カタログを中心とする商業印刷の生産ラインが、いち早く通常操業を再開した。

また、同工場の生活環境系の生産ラインでは、菓子類の箱など紙器の印刷が再開。ただ、食品・水産用パッケージなどのフィルム印刷については、まだ全面的な操業再開には至っていない。引き続き復旧を急ぐ。

グループ会社では、段ボールなどを扱うトッパンコンテナー宮城工場(宮城県石巻市)が通常操業に復旧したが、たばこ関連のパッケージ印刷を手掛けるトッパンプロスプリント水戸工場(茨城県水戸市)については、復旧作業が続いている。
(島 大輔 =東洋経済オンライン)

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 近代日本を創造したリアリスト 大久保利通の正体
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 赤木智弘のゲーム一刀両断
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
トレンドライブラリーAD
人気の動画
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
AOKI、コロナ禍で売れた「パジャマスーツ」で描く復活戦略の要諦
AOKI、コロナ禍で売れた「パジャマスーツ」で描く復活戦略の要諦
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
持たざる国・日本に大激震<br>エネルギー危機が来る

脱炭素の移行期に化石燃料の争奪戦が勃発。天然ガスの価格は歴史的な急騰を記録しました。余波はサプライチェーンの混乱から世界経済の後退懸念、原発待望論まで広がります。資源小国の日本が生き残る道はあるのでしょうか。

東洋経済education×ICT