佐川急便は東北6県の全営業店が「稼働再開」【震災関連速報】

佐川急便は東北6県の全営業店が「稼働再開」【震災関連速報】

SGホールディングス傘下で宅配便大手の佐川急便が石巻店、気仙沼店、大船渡店で宅配便を4月16日から再開した。再開したのは、営業店で荷物を受け付け、営業店まで取りに来る「営業店止めサービス」で、営業時間は午前9時~午後6時。クール便や代金引換便は依然休止中だ。

佐川急便は福島第一原発の30キロメートル県内に営業店はそもそもなく、これで東北地方の全営業店が再稼働したことになる。

配達困難な岩手県下の大船渡市、陸前高田市、釜石市、上閉伊郡、下閉伊郡、気仙郡、宮城県下の石巻市、東松島市、気仙沼市、牡鹿郡、本吉郡、亘理郡、福島県下の南相馬市、双葉郡への荷物は営業店止めサービスを利用するように呼び掛けている。

なお、佐川急便は4月1日から全従業員が「がんばろう!日本」のワッペン(写真)をつけて、仕事をしている。

(山田 雄一郎 =東洋経済オンライン)
 

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナショック、企業の針路
  • コロナ後を生き抜く
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • 岡本幸一郎の自動車情報発信局
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
自動車「コロナ不況」が促す<br>部品業界サバイバルの行方

コロナ危機の自動車部品メーカーへの影響は、過剰な設備と人員を抱えていた日産系でとくに深刻。比較的堅調だったトヨタ、ホンダ系も無傷ではありません。世界レベルでの技術開発競争は激化の一途で、生き残りへの再編と淘汰が始まろうとしています。