佐川急便は東北6県の全営業店が「稼働再開」【震災関連速報】

佐川急便は東北6県の全営業店が「稼働再開」【震災関連速報】

SGホールディングス傘下で宅配便大手の佐川急便が石巻店、気仙沼店、大船渡店で宅配便を4月16日から再開した。再開したのは、営業店で荷物を受け付け、営業店まで取りに来る「営業店止めサービス」で、営業時間は午前9時~午後6時。クール便や代金引換便は依然休止中だ。

佐川急便は福島第一原発の30キロメートル県内に営業店はそもそもなく、これで東北地方の全営業店が再稼働したことになる。

配達困難な岩手県下の大船渡市、陸前高田市、釜石市、上閉伊郡、下閉伊郡、気仙郡、宮城県下の石巻市、東松島市、気仙沼市、牡鹿郡、本吉郡、亘理郡、福島県下の南相馬市、双葉郡への荷物は営業店止めサービスを利用するように呼び掛けている。

なお、佐川急便は4月1日から全従業員が「がんばろう!日本」のワッペン(写真)をつけて、仕事をしている。

(山田 雄一郎 =東洋経済オンライン)
 

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • トランプ派メディアの実態
  • 中原圭介の未来予想図
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
デザインの力で開く新たな価値観<br>プロダクトデザイナー 柴田文江

オムロンの体温計「けんおんくん」やコンビのベビー用品。暮らしに関わるプロダクトのあり方と、身体性を反映した柔らかな造形を追求してきた柴田氏の作品だ。女性初のグッドデザイン賞審査委員長への歩み、そして今考えていることとは。