1989年 現代史最大の転換点を検証する 竹内修司著

1989年 現代史最大の転換点を検証する 竹内修司著

1989年、世界では何が起こったのか。ソ連のアフガニスタン撤退、中国での天安門事件、ベルリンの壁崩壊、ルーマニアのチャウシェスク大統領夫妻の死刑など。一連の出来事は、いずれも共産圏の崩壊と冷戦の終焉につながったが、これらの連鎖的な現象が起こったのは、テレビ映像として世界中に発信されたことが大きいという。

ゴルバチョフが西側で行った演説も、ベルリンの壁をハンマーで壊す人々も、天安門で戦車の前に立つ人物の姿も……。それらは、現在進行形である北アフリカ諸国での動乱に、ネットなどが果たす役割となって繰り返された。

冷戦の時代といわれた20世紀後半を、歴史的に位置づけようとする試み。

平凡社新書 798円

  

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 日本人が知らない古典の読み方
  • 本当に強い大学
  • ほしいのは「つかれない家族」
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
『会社四季報』新春号を先取り!<br>波乱相場にも強い大健闘企業

企業業績の拡大に急ブレーキがかかっている。世界景気の減速や原燃料費・人件費の高騰が重荷だ。そうした逆風下での大健闘企業は? 東洋経済最新予想を基に、上方修正、最高益更新、連続増収増益など6ランキングで有望企業を一挙紹介。