1989年 現代史最大の転換点を検証する 竹内修司著

1989年 現代史最大の転換点を検証する 竹内修司著

1989年、世界では何が起こったのか。ソ連のアフガニスタン撤退、中国での天安門事件、ベルリンの壁崩壊、ルーマニアのチャウシェスク大統領夫妻の死刑など。一連の出来事は、いずれも共産圏の崩壊と冷戦の終焉につながったが、これらの連鎖的な現象が起こったのは、テレビ映像として世界中に発信されたことが大きいという。

ゴルバチョフが西側で行った演説も、ベルリンの壁をハンマーで壊す人々も、天安門で戦車の前に立つ人物の姿も……。それらは、現在進行形である北アフリカ諸国での動乱に、ネットなどが果たす役割となって繰り返された。

冷戦の時代といわれた20世紀後半を、歴史的に位置づけようとする試み。

平凡社新書 798円

  

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
  • おとなたちには、わからない
  • 子育てと介護「ダブルケア」の現実
  • コロナショック、企業の針路
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
なぜ取締役会に出席しない?<br>会社側の苦しい「言い訳」

役員会に出席せず改善の兆しがない取締役は、機関投資家や議決権行使助言会社から厳しい目を向けられています。株主総会招集通知から、取締役・社外監査役の取締役会出席率を独自集計し、欠席の多い人のランキングを作成しました。安易な選任の実態は?