東リの仙台営業所、配送センターが業務再開【震災関連速報】

東リの仙台営業所、配送センターが業務再開【震災関連速報】

壁や床など内装材トップの東リは15日、東日本大震災で被災した宮城県仙台市にある営業所と仙台配送センターが業務を再開した、と発表した。ただ「いずれの事業所も従前通りの業務に戻るには、しばらく期間を要する」(東リ)としている。

仙台配送センターは、4月より業務を再開した。建屋が損傷した仙台営業所は、市内青葉区に移転して営業を再開。また、子会社リックの仙台営業所も、東リの新仙台営業所と同じ場所で営業を再開した。

東リの製品配送は、伊丹、滋賀、関東の3拠点から、地方中核都市に設けられた中継の配送センターに送られ、そこから最終供給先に届けられる仕組みになっている。仙台配送センターは、その中継拠点に当たり、仙台営業所エリアが担当地区となる。

(鶴見 昌憲 =東洋経済オンライン)

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ後を生き抜く
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • 岡本幸一郎の自動車情報発信局
  • インフレが日本を救う
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
100億円の寄付を即決<br>ユニクロ柳井会長の危機感

ともにノーベル賞を受賞した京都大学の本庶教授、山中教授に、ユニクロの柳井会長が過去最大規模となる総額100億円を寄付すると発表。研究支援を決めた背景には、サステナビリティ、社会課題の解決などに対する柳井氏の強いメッセージがありました。