東リの仙台営業所、配送センターが業務再開【震災関連速報】

東リの仙台営業所、配送センターが業務再開【震災関連速報】

壁や床など内装材トップの東リは15日、東日本大震災で被災した宮城県仙台市にある営業所と仙台配送センターが業務を再開した、と発表した。ただ「いずれの事業所も従前通りの業務に戻るには、しばらく期間を要する」(東リ)としている。

仙台配送センターは、4月より業務を再開した。建屋が損傷した仙台営業所は、市内青葉区に移転して営業を再開。また、子会社リックの仙台営業所も、東リの新仙台営業所と同じ場所で営業を再開した。

東リの製品配送は、伊丹、滋賀、関東の3拠点から、地方中核都市に設けられた中継の配送センターに送られ、そこから最終供給先に届けられる仕組みになっている。仙台配送センターは、その中継拠点に当たり、仙台営業所エリアが担当地区となる。

(鶴見 昌憲 =東洋経済オンライン)

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 映画界のキーパーソンに直撃
  • 最新の週刊東洋経済
  • 岐路に立つ日本の財政
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
新車販売の3割が自社登録<br>BMW「自爆営業」の実態

高級輸入車BMW。その国内販売店で今、大量の新車が中古車として売られている。日本法人が課した厳しいノルマで、ディーラーが自社登録しているのだ。本誌はBMWジャパンの強引な販売の証拠となる内部資料を入手。背景にも迫る。