トヨタは大型連休後も全工場で5割稼動の低操業続く見込み【震災関連速報】

拡大
縮小
トヨタは大型連休後も全工場で5割稼動の低操業続く見込み【震災関連速報】

来週から全車両工場の稼動再開を決めているトヨタ自動車は4月15日、大型連休明けも5月10日から6月3日までの4週間にわたって全工場を稼働させる方針を決めた。

トヨタは東日本大震災の影響による部品不足のため、3月14日以降にすべての車両組み立て工場と系列車体メーカーで車両組み立てを止めた。3月28日からは2工場で一部車種の生産を再開、4月11日からはさらに1工場を稼動させている。

現状でも電子部品や樹脂関連など150種類の部品が不足しているが、トヨタは4月8日の段階で、4月18日から4月27日まで全工場を稼働させることを発表した。ただ、稼動は平日のみ、通常の5割程度にとどまる。大型連休後の生産計画は部品メーカーなどの状況を確認したうえで決めるとしてきた。5月に入ってからも稼働は通常の5割程度にとどまる見通しで、6月6日以降の生産計画は未定としている。

トヨタでは米国で生産調整を行っているほか、欧州でも4月下旬から英国、フランス、トルコの車両工場などで複数日の稼動を止める。震災によるサプライチェーン(供給体制)への影響は、なお収束のめどがたっていない。

西村 豪太 東洋経済 コラムニスト

著者をフォローすると、最新記事をメールでお知らせします。右上のボタンからフォローください。

にしむら ごうた / Gota Nishimura

1992年に東洋経済新報社入社。2016年10月から2018年末まで、また2020年10月から2022年3月の二度にわたり『週刊東洋経済』編集長。現在は同社コラムニスト。2004年から2005年まで北京で中国社会科学院日本研究所客員研究員。著書に『米中経済戦争』(東洋経済新報社)。

この著者の記事一覧はこちら
関連記事
トピックボードAD
ビジネスの人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
【動物研究家】パンク町田に密着し、知られざる一面に迫る
【動物研究家】パンク町田に密着し、知られざる一面に迫る
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT