トヨタは大型連休後も全工場で5割稼動の低操業続く見込み【震災関連速報】

トヨタは大型連休後も全工場で5割稼動の低操業続く見込み【震災関連速報】

来週から全車両工場の稼動再開を決めているトヨタ自動車は4月15日、大型連休明けも5月10日から6月3日までの4週間にわたって全工場を稼働させる方針を決めた。

トヨタは東日本大震災の影響による部品不足のため、3月14日以降にすべての車両組み立て工場と系列車体メーカーで車両組み立てを止めた。3月28日からは2工場で一部車種の生産を再開、4月11日からはさらに1工場を稼動させている。

現状でも電子部品や樹脂関連など150種類の部品が不足しているが、トヨタは4月8日の段階で、4月18日から4月27日まで全工場を稼働させることを発表した。ただ、稼動は平日のみ、通常の5割程度にとどまる。大型連休後の生産計画は部品メーカーなどの状況を確認したうえで決めるとしてきた。5月に入ってからも稼働は通常の5割程度にとどまる見通しで、6月6日以降の生産計画は未定としている。

トヨタでは米国で生産調整を行っているほか、欧州でも4月下旬から英国、フランス、トルコの車両工場などで複数日の稼動を止める。震災によるサプライチェーン(供給体制)への影響は、なお収束のめどがたっていない。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • 賃金・生涯給料ランキング
  • ボクらは「貧困強制社会」を生きている
  • 地方創生のリアル
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
ニセコ 熱狂リゾートの実像<br>開発に翻弄される小さな北の町

「パウダースノー」を求め、北海道のニセコに殺到する外国人客。その数は住民約2万人の14倍にも及びます。観光ばかりでなく、別荘が建ち不動産投資も活発化しましたが、地価高騰やインフラ整備負担による財政圧迫の問題も出ています。活況と苦悩の両面に迫りました。