トヨタは大型連休後も全工場で5割稼動の低操業続く見込み【震災関連速報】

トヨタは大型連休後も全工場で5割稼動の低操業続く見込み【震災関連速報】

来週から全車両工場の稼動再開を決めているトヨタ自動車は4月15日、大型連休明けも5月10日から6月3日までの4週間にわたって全工場を稼働させる方針を決めた。

トヨタは東日本大震災の影響による部品不足のため、3月14日以降にすべての車両組み立て工場と系列車体メーカーで車両組み立てを止めた。3月28日からは2工場で一部車種の生産を再開、4月11日からはさらに1工場を稼動させている。

現状でも電子部品や樹脂関連など150種類の部品が不足しているが、トヨタは4月8日の段階で、4月18日から4月27日まで全工場を稼働させることを発表した。ただ、稼動は平日のみ、通常の5割程度にとどまる。大型連休後の生産計画は部品メーカーなどの状況を確認したうえで決めるとしてきた。5月に入ってからも稼働は通常の5割程度にとどまる見通しで、6月6日以降の生産計画は未定としている。

トヨタでは米国で生産調整を行っているほか、欧州でも4月下旬から英国、フランス、トルコの車両工場などで複数日の稼動を止める。震災によるサプライチェーン(供給体制)への影響は、なお収束のめどがたっていない。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • iPhoneの裏技
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
人望のない人は「たった一言」が添えられない
人望のない人は「たった一言」が添えられない
都心vs. 郊外 家を購入するならどっち?
都心vs. 郊外 家を購入するならどっち?
30~40代でも起こりうる『孤独死』の過酷な実態
30~40代でも起こりうる『孤独死』の過酷な実態
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
漂流する東芝<br>舵取りなき12万人の悲運

再出発したはずの東芝の漂流が止まりません。再建請負人の車谷暢昭社長が電撃辞任。緊張感が増すファンドとの攻防や成長戦略の構築など課題は山積しています。従業員12万人を超える巨艦企業はどこに向かうのでしょうか。

東洋経済education×ICT