ヤマト運輸が岩手県、宮城県でメール便の取り扱いを再開(一部地域を除く)【震災関連速報】

ヤマト運輸が岩手県、宮城県でメール便の取り扱いを再開(一部地域を除く)【震災関連速報】

ヤマトホールディングス傘下の宅配便子会社・ヤマト運輸が一部地域を除く岩手県、宮城県でのメール便の取り扱いを4月14日に再開した。ただし、岩手県、宮城県を発着するメール便は、通常よりも2~5日程度を要する可能性があるほか、コンビニエンスストアでのメール便取り扱いは依然休止中。

一部地域とは、被災程度が甚大な岩手県下の陸前高田市・大船渡市・気仙郡(住田町)・釜石市・宮古市・上閉伊郡・下閉伊郡(山田町)、宮城県下の仙台市宮城野区(岡田・岡田西町・蒲生・港・白鳥)、仙台市若林区(荒井・荒浜・荒浜新・今泉・三本塚・井土・藤塚・種次・二木)、岩沼市(下野郷・空港南・押分・早股・寺島)、名取市(閖上・下増田・杉ヶ袋・小塚原・牛野・高柳・大曲の一部)、塩釜市(石浜・桂島・寒風沢・野々島・朴島)、気仙沼市、石巻市、東松島市、多賀城市、宮城郡(七ヶ浜町)、牡鹿郡(女川町)、本吉郡(南三陸町)、亘理郡(亘理町・山元町)。

青森県、秋田県、山形県、福島県を発着するメール便はすでに通常化している。ただし、福島県のみコンビニでの取り扱いを再開していない。

(山田 雄一郎 =東洋経済オンライン)

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 北朝鮮ニュース
  • 育休世代 vs.専業主婦前提社会
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
史上最大の上場に賭ける<br>ソフトバンクの思惑

12月19日、ソフトバンクが上場する。過去最大規模の超大型上場だが、祭りの後は楽観できない。親子上場による利益相反、高い配当性向、キャッシュの流出など懸念材料は多数。同社の大胆な戦略の前提である安定した収益成長が崩れる日、事態は……。