東邦亜鉛は安中製錬所が一部操業再開、小名浜製錬所は6月上旬に再開へ【震災関連速報】

東邦亜鉛は安中製錬所が一部操業再開、小名浜製錬所は6月上旬に再開へ【震災関連速報】

亜鉛と鉛の製錬大手、東邦亜鉛は、東日本大震災の影響で操業を停止していた安中製錬所(群馬県安中市)の操業を再開した。ただし、前工程である小名浜製錬所(福島県いわき市)の操業が停止中であるため、通常の3割程度の操業にとどまっている。

小名浜製錬所と安中製錬所は、同社の主力製品である亜鉛の製造拠点。海外から輸入した亜鉛原料の3分の2を、小名浜製錬所で加熱してから安中製錬所に輸送し、電気分解して地金に仕上げる。残りの3分の1は小名浜製錬所を介さず、安中製錬所で加熱処理し、地金にまで仕上げる。小名浜製錬所は震災で受電設備や煙突が損傷。安中製錬所は計画停電の影響で操業が止まっていた。

計画停電が終了したため、安中製錬所は操業を再開。ただし、安中製錬所では加熱処理できる分量が限られるため、通常の3割操業にとどまっている。通常操業に戻るのは、小名浜製錬が再開を予定する6月上旬以降にずれ込みそうだ。ただ夏場は電力不足への対応を迫られるため、生産量が減少する可能性もある。

(許斐 健太 =東洋経済オンライン)

(写真は被災前の安中製錬所、東邦亜鉛HPより)

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 看取り士という仕事
  • 就職四季報プラスワン
  • 最新の週刊東洋経済
  • 不妊治療のリアル
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
話題の「30分で絵を描く」秘訣、驚くほど簡単4手順
話題の「30分で絵を描く」秘訣、驚くほど簡単4手順
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
メタバース革命が始まる<br>全解明 暗号資産&NFT

不正流出事件から4年。復活不可能に見えたビットコイン相場は米国主導で活況を取り戻しました。暗号資産を使ったNFTの購入、そしてNFT取引が広がるメタバースにもビジネスの機会が広がっています。日本は暗号資産とどう向き合うのでしょうか。

東洋経済education×ICT