東邦亜鉛は安中製錬所が一部操業再開、小名浜製錬所は6月上旬に再開へ【震災関連速報】

東邦亜鉛は安中製錬所が一部操業再開、小名浜製錬所は6月上旬に再開へ【震災関連速報】

亜鉛と鉛の製錬大手、東邦亜鉛は、東日本大震災の影響で操業を停止していた安中製錬所(群馬県安中市)の操業を再開した。ただし、前工程である小名浜製錬所(福島県いわき市)の操業が停止中であるため、通常の3割程度の操業にとどまっている。

小名浜製錬所と安中製錬所は、同社の主力製品である亜鉛の製造拠点。海外から輸入した亜鉛原料の3分の2を、小名浜製錬所で加熱してから安中製錬所に輸送し、電気分解して地金に仕上げる。残りの3分の1は小名浜製錬所を介さず、安中製錬所で加熱処理し、地金にまで仕上げる。小名浜製錬所は震災で受電設備や煙突が損傷。安中製錬所は計画停電の影響で操業が止まっていた。

計画停電が終了したため、安中製錬所は操業を再開。ただし、安中製錬所では加熱処理できる分量が限られるため、通常の3割操業にとどまっている。通常操業に戻るのは、小名浜製錬が再開を予定する6月上旬以降にずれ込みそうだ。ただ夏場は電力不足への対応を迫られるため、生産量が減少する可能性もある。

(許斐 健太 =東洋経済オンライン)

(写真は被災前の安中製錬所、東邦亜鉛HPより)

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • iPhoneの裏技
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
人望のない人は「たった一言」が添えられない
人望のない人は「たった一言」が添えられない
都心vs. 郊外 家を購入するならどっち?
都心vs. 郊外 家を購入するならどっち?
30~40代でも起こりうる『孤独死』の過酷な実態
30~40代でも起こりうる『孤独死』の過酷な実態
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
漂流する東芝<br>舵取りなき12万人の悲運

再出発したはずの東芝の漂流が止まりません。再建請負人の車谷暢昭社長が電撃辞任。緊張感が増すファンドとの攻防や成長戦略の構築など課題は山積しています。従業員12万人を超える巨艦企業はどこに向かうのでしょうか。

東洋経済education×ICT