有料会員限定

富裕層による都心分譲マンション「即転」の波紋 金融緩和による価格高騰で過熱する不動産投資

✎ 1〜 ✎ 4 ✎ 5 ✎ 6 ✎ 最新
拡大
縮小

引き渡し前の新築分譲マンションが不動産仲介サイトなどで多数流通している。

ハルミフラッグの外観
「HARUMI FLAG」シーヴィレッジ街区(写真:記者撮影)

特集「富裕層のリアル」の他の記事を読む

優雅に達観した生活を送っているように見える富裕層。ただ陰では投資や税金対策に頭を抱え、時にもがき苦しむ様子が垣間見える。6月19日発売『週刊東洋経済』の特集「富裕層のリアル 国内150万世帯、受難の時代」では、富裕層の偽らざる実像に迫った。
週刊東洋経済 2023年6/24号[雑誌](富裕層のリアル)
『週刊東洋経済 2023年6/24号[雑誌](富裕層のリアル)』(東洋経済新報社)書影をクリックするとAmazonのサイトにジャンプします。

東京・中央区晴海の大規模マンション群「HARUMI FLAG」(以下、ハルミフラッグ)。東京五輪・パラリンピックの選手村として活用された総戸数4145戸の住宅をめぐり、個人投資家が未入居のまま即時転売する「即転」が相次いでいる。

2023年5月下旬、中央区のある不動産会社では、購入者に引き渡されていない住戸の広告が店頭に貼り出されていた。売りに出されていたのは、ハルミフラッグのサンヴィレッジ街区にある板状棟の住戸だ。広告では「築後未入居」とアピールされている。

同街区の板状棟は、第1期の販売時に最高倍率が実に111倍にまで達した超人気物件だ。当時、販売戸数465戸(第1期)に対して平均8.7倍の申し込みがあったという。

価格5〜6割増しで転売

次ページ事業者側も対策を講じているが
関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
【田内学×後藤達也】新興国化する日本、プロの「新NISA」観
【田内学×後藤達也】新興国化する日本、プロの「新NISA」観
【田内学×後藤達也】激論!日本を底上げする「金融教育」とは
【田内学×後藤達也】激論!日本を底上げする「金融教育」とは
【田内学×後藤達也】株高の今「怪しい経済情報」ここに注意
【田内学×後藤達也】株高の今「怪しい経済情報」ここに注意
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT
東洋経済オンライン有料会員のご案内