トヨタが4月18日から全工場での生産再開を決定、全車種が対象【震災関連速報】

トヨタが4月18日から全工場での生産再開を決定、全車種が対象【震災関連速報】

トヨタ自動車の豊田章男社長(=写真=)は8日午後、名古屋市内で記者団に対し、18日から国内の全工場を再稼働させる方針を明らかにした。全車種が対象だが、部品供給がまだ万全でないため、稼動は通常の5割程度にとどまる見通し。トヨタでは東日本大震災の影響で、500種類の部品が不足していると説明してきたが、その数は現状で150種類まで減少したという。

トヨタは大震災発生直後の3月14日から国内の全工場で完成車組み立てを休止していた。3月28日からは愛知県の堤工場、系列車体メーカーのトヨタ自動車九州で3車種の生産を再開。また4月11日からは系列車体メーカーのセントラル自動車相模原工場で、2車種の生産再開を決めていた。

大型連休をはさんで4月28日から5月9日までは工場を休止する。5月10日以降の車両生産については、部品メーカーなどの状況を確認したうえで決める方針だ。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • トランプ派メディアの実態
  • 中原圭介の未来予想図
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
好業績の裏で検査不正<br>スズキ「鈴木修経営」の光と影

5月10日の決算会見に登壇し完成検査の不正を詫びたスズキの鈴木修会長。不正は組織的・構造的な問題か、現場への目配り不足によるのか。長年にわたるカリスマ経営の副作用を指摘せざるをえない同社のガバナンス体制を詳解する。