トヨタが4月18日から全工場での生産再開を決定、全車種が対象【震災関連速報】

トヨタが4月18日から全工場での生産再開を決定、全車種が対象【震災関連速報】

トヨタ自動車の豊田章男社長(=写真=)は8日午後、名古屋市内で記者団に対し、18日から国内の全工場を再稼働させる方針を明らかにした。全車種が対象だが、部品供給がまだ万全でないため、稼動は通常の5割程度にとどまる見通し。トヨタでは東日本大震災の影響で、500種類の部品が不足していると説明してきたが、その数は現状で150種類まで減少したという。

トヨタは大震災発生直後の3月14日から国内の全工場で完成車組み立てを休止していた。3月28日からは愛知県の堤工場、系列車体メーカーのトヨタ自動車九州で3車種の生産を再開。また4月11日からは系列車体メーカーのセントラル自動車相模原工場で、2車種の生産再開を決めていた。

大型連休をはさんで4月28日から5月9日までは工場を休止する。5月10日以降の車両生産については、部品メーカーなどの状況を確認したうえで決める方針だ。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
  • おとなたちには、わからない
  • 子育てと介護「ダブルケア」の現実
  • コロナショック、企業の針路
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
なぜ取締役会に出席しない?<br>会社側の苦しい「言い訳」

役員会に出席せず改善の兆しがない取締役は、機関投資家や議決権行使助言会社から厳しい目を向けられています。株主総会招集通知から、取締役・社外監査役の取締役会出席率を独自集計し、欠席の多い人のランキングを作成しました。安易な選任の実態は?