日立建機は4月中旬に土浦、霞ヶ浦など被災5工場が完全復旧へ【震災関連速報】

日立建機は4月中旬に土浦、霞ヶ浦など被災5工場が完全復旧へ【震災関連速報】

日立建機は4月中旬にも、被災5工場の稼働率を震災前の水準に回復できるメドが立った。現在の稼働率は3割強とみられる。

被災したのはいずれも茨城県下の土浦工場(土浦市神立町)、霞ヶ浦工場(かすみがうら市深谷)、常陸那珂工場(ひたちなか市新光町)、常陸那珂臨港工場(同市長砂)、龍ヶ崎工場(龍ヶ崎市)。いずれも震災直後に操業を停止したが、3月17日から順次再開、現在は低水準ながらもすべて稼働している。国内外工場で稼働率低下をカバーする体制は敷いていない。

5工場の立地地域では電力制限が行われていない。また、直接取り引きしている部品サプライヤーの間にも甚大な被害を受けているところはないという。ただ、サプライヤーが取り引きしている部材メーカーで、今後供給が停滞する懸念がある。

また、建機への被災地復興需要については、当面はすでに市場に出回っているレンタル機で充当される見通し。日立建機の新車売り上げにつながるのは、被災地のインフラ整備工事などが始まる今夏ごろとみられる。

(杉本 りうこ =東洋経済オンライン)

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 就職四季報プラスワン
トレンドライブラリーAD
人気の動画
商社大転換 最新序列と激変するビジネス
商社大転換 最新序列と激変するビジネス
「話が伝わらない人」と伝わる人の決定的な差
「話が伝わらない人」と伝わる人の決定的な差
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
銀行員の出世コースに見られ始めた大きな変化
銀行員の出世コースに見られ始めた大きな変化
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日本企業は米中の板挟み<br>全解明 経済安保

先端技術をめぐる米中の争いは日本に大きな影響をもたらします。海外からの投資は経済を活性化させる一方、自国の重要技術やデータが流出し安保上のリスクになる可能性も。分断の時代に日本企業が取るべき進路を探ります。

東洋経済education×ICT