日立建機は4月中旬に土浦、霞ヶ浦など被災5工場が完全復旧へ【震災関連速報】

日立建機は4月中旬に土浦、霞ヶ浦など被災5工場が完全復旧へ【震災関連速報】

日立建機は4月中旬にも、被災5工場の稼働率を震災前の水準に回復できるメドが立った。現在の稼働率は3割強とみられる。

被災したのはいずれも茨城県下の土浦工場(土浦市神立町)、霞ヶ浦工場(かすみがうら市深谷)、常陸那珂工場(ひたちなか市新光町)、常陸那珂臨港工場(同市長砂)、龍ヶ崎工場(龍ヶ崎市)。いずれも震災直後に操業を停止したが、3月17日から順次再開、現在は低水準ながらもすべて稼働している。国内外工場で稼働率低下をカバーする体制は敷いていない。

5工場の立地地域では電力制限が行われていない。また、直接取り引きしている部品サプライヤーの間にも甚大な被害を受けているところはないという。ただ、サプライヤーが取り引きしている部材メーカーで、今後供給が停滞する懸念がある。

また、建機への被災地復興需要については、当面はすでに市場に出回っているレンタル機で充当される見通し。日立建機の新車売り上げにつながるのは、被災地のインフラ整備工事などが始まる今夏ごろとみられる。

(杉本 りうこ =東洋経済オンライン)

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 子どもを本当に幸せにする「親の力」
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • 最新の週刊東洋経済
  • 高城幸司の会社の歩き方
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
5G革命<br>勃興する巨大市場をつかめ!

現在の「4G」に続く、新しい移動通信システム「5G」。「超高速」だけではなく「超低遅延」「多数同時接続」が可能になり、私たちの暮らしやビジネスはがらりと変わる。動画配信、ゲーム、自動運転、スマート工場や通信業界の未来像を紹介。