ヤマト運輸が「宅配便1個につき10円」寄付へ、寄付総額は約130億円に【震災関連速報】

ヤマト運輸が「宅配便1個につき10円」寄付へ、寄付総額は約130億円に【震災関連速報】

ヤマトホールディングスは、傘下の宅配便子会社・ヤマト運輸が宅配便を1個届けるたびに10円の寄付をすることを4月7日の取締役会で決議した。同社は「これまで宅急便を育ててくださった社会や地域の方々への恩返し」としている。

サイズや運賃は不問。毎月の国内宅配便の取り扱い個数に基づいて寄付金額を決定し、公的な団体や基金に月単位で寄付する。寄付の期間は4月~来年3月。寄付金額や寄贈先、寄贈の主旨は自社のホームページで随時公開していく。

寄付金総額は「今後の取り扱い個数によるが、2010年度の取り扱い実績個数を基にすると約130億円」と説明している。
(山田 雄一郎 =東洋経済オンライン)

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • CSR企業総覧
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • 日本野球の今そこにある危機
トレンドライブラリーAD
人気の動画
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
ストロング系チューハイの光と影
ストロング系チューハイの光と影
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
人材戦略から儲けのからくり<br>まで コンサル全解明

人材の争奪戦が過熱し、年収水準もうなぎ登りに。デジタル化を背景にコンサルティング業界は空前の活況を呈しています。本特集ではコンサル業界の動向やビジネスモデルを徹底解説。コンサル会社を賢く選び、上手に活用していくノウハウを紹介します。

東洋経済education×ICT