ヤマト運輸が「宅配便1個につき10円」寄付へ、寄付総額は約130億円に【震災関連速報】

ヤマト運輸が「宅配便1個につき10円」寄付へ、寄付総額は約130億円に【震災関連速報】

ヤマトホールディングスは、傘下の宅配便子会社・ヤマト運輸が宅配便を1個届けるたびに10円の寄付をすることを4月7日の取締役会で決議した。同社は「これまで宅急便を育ててくださった社会や地域の方々への恩返し」としている。

サイズや運賃は不問。毎月の国内宅配便の取り扱い個数に基づいて寄付金額を決定し、公的な団体や基金に月単位で寄付する。寄付の期間は4月~来年3月。寄付金額や寄贈先、寄贈の主旨は自社のホームページで随時公開していく。

寄付金総額は「今後の取り扱い個数によるが、2010年度の取り扱い実績個数を基にすると約130億円」と説明している。
(山田 雄一郎 =東洋経済オンライン)

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ後を生き抜く
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • 岡本幸一郎の自動車情報発信局
  • インフレが日本を救う
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
銀行 地殻変動<br>先で待つ「不良債権地獄」の恐怖

コロナ危機を受け、銀行は政府の支援の下、積極的に「傘」を差し出し、融資をしています。しかし融資先には「危ない企業」も含まれ、下手をすれば不良債権によって屋台骨を揺るがしかねません。自ら大きく変わり始めた銀行の近未来を占います。