厦門で“門前払い”の商船三井コンテナ船、放射線量再検査経て香港に到着【震災関連速報】

拡大
縮小
厦門で“門前払い”の商船三井コンテナ船、放射線量再検査経て香港に到着【震災関連速報】

中国国家品質監督検査検疫総局に「船体の放射線量に異常が認められた」とされて福建省の厦門(アモイ)港から神戸港に商船三井のコンテナ船が引き返した問題で、同船は4月1日に今度は香港に向けて日本を出港。6日に到着し香港沖で入港手続きを進めている。

同船はもともと厦門と香港に向かう途中だった。20フィート換算のコンテナ6400個積んだ中型のコンテナ船で、機械部品や古紙、雑貨を積み、3月17日に東京港を出発。22日に厦門港に入港したが、22日に検査を受けて放射線量の異常を指摘された。再検査のために沖合に出て、26日に再検査を受けた。第三者による再検査や洗浄など現地での対応が認められないために荷物の積み降ろしがかなわず、27日に日本に引き返すことを決断した。

中国側が厦門で指摘した放射線量は最大で3.5マイクロシーベルト。30日に神戸港に到着し、30~31日の両日、日本海事検定協会の検査を受けていた。神戸で再検査をしたところ、放射線量は最大で0.6マイクロシーベルトと微量でしかなかった。

中国側は放射線量の上限などの基準を明示していない。

(山田 雄一郎 =東洋経済オンライン)

関連記事
トピックボードAD
ビジネスの人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
日本製鉄、あえて「高炉の新設」を選択した事情
日本製鉄、あえて「高炉の新設」を選択した事情
パチンコ業界で「キャッシュレス」進まぬ複雑背景
パチンコ業界で「キャッシュレス」進まぬ複雑背景
イオン、PB価格据え置きの「やせ我慢」に募る憂鬱
イオン、PB価格据え置きの「やせ我慢」に募る憂鬱
半導体需給に変調の兆し、歴史的な逼迫は終焉?
半導体需給に変調の兆し、歴史的な逼迫は終焉?
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT