医療鎖国 なぜ日本ではがん新薬が使えないのか 中田敏博著

医療鎖国 なぜ日本ではがん新薬が使えないのか 中田敏博著

米国に渡り、医療分野のベンチャーキャピタリストとして活動する著者は、海の向こうから見ると、日本は最先端医療技術を受け入れない「鎖国」状態であり、医療の質や仕組みはさまざまな面で世界標準から懸け離れている、と指摘する。

世界で売り上げ上位のバイオ医薬品の認可や、新しい医療技術の国内使用、保険適用などは先進国中で最も遅いことがしばしば。その原因は、医療を内側から牛耳っている既得権益者、保守的で窮屈な規制環境、それを打開できない政治にあるという。

少子高齢化と財政危機にある今の日本で、いかにして医療の質を向上させ、「医療開国」するかを、経済的な側面から考察する。

文春新書 809円

  

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
三菱重工と日立 「統合」破談から<br>10年 製造立国の岐路

10年前に統合構想が破談になった三菱重工業と日立製作所。その後両社は対照的な道を歩み、2009年に伯仲していた時価総額は今や日立が大きく上回っています。本特集では明暗が分かれた三菱重工と日立を主軸に、製造立国・日本の生きる道を探りました。

東洋経済education×ICT