佐川急便が4日から一部地域を除く東北6県での時間指定便やメール便の集配・配達を再開【震災関連速報】

佐川急便が4日から一部地域を除く東北6県での時間指定便やメール便の集配・配達を再開【震災関連速報】

宅配便大手でSGホールディングス傘下の佐川急便は4日から一部地域を除く東北6県での時間指定便やメール便の取り扱いを再開した。また、これまで集荷・配達を見合わせていた宮城県下の亘理郡や、岩手県下の釜石市・上閉伊郡・下閉伊郡で、宅配便の集荷・配達を再開した。

一部地域とは岩手県下の大船渡市、陸前高田市、気仙郡、宮城県下の石巻市、東松島市、気仙沼市、牡鹿郡、本吉郡、福島県下の南相馬市、双葉郡。これら地域では最寄りの営業店での営業店止めサービスの利用を促している。

佐川は17日に福島を除く東北5県で営業店止めの宅配便の取り扱いを再開。18日には福島県でも営業店止めの取り扱いを再開していた。19日から茨城県全域での集荷・配達サービスを再開。22日には東北6県での代金引換便の取り扱いや、青森県、秋田県、山形県での通常の集荷・配達を再開したほか、被災原発に近いいわき店、相馬店(いずれも屋内待避エリア外)への営業店止めサービスを再開。23日にはいわき店、相馬店から全国への配送を再開した。24日には一部集配不能エリアを除く東北6県で、クール便や時間帯指定便を除き、戸口まで届ける通常の宅配便サービスを再開。28日には一部集配不能エリアを除く青森県、秋田県、山形県、岩手県、宮城県、福島県でのクール便の集荷や配達を再開していた。
(山田 雄一郎 =東洋経済オンライン)

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ後を生き抜く
  • 就職四季報プラスワン
  • インフレが日本を救う
  • トクを積む習慣
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
おうちで稼ぐ、投資する!<br>在宅仕事図鑑

コロナ禍の下、世代を問わず広がったのが「在宅で稼ぐ」ニーズ。ちまたにはどんな在宅仕事があり、どれくらい稼げるのか。パソコンを使った「デジタル小商い」と「投資」に分け、誰にでもできるノウハウに落とし込んで紹介します。

東洋経済education×ICT