三菱ガス化学のスマートフォン向け基幹部材は5月に震災前の生産規模に復旧へ【震災関連速報】

三菱ガス化学のスマートフォン向け基幹部材は5月に震災前の生産規模に復旧へ【震災関連速報】

三菱ガス化学は、電子材料「BTレジン」の生産を4月上旬に一部再開、5月初旬には東日本大震災前の需要を満たす水準まで生産能力が回復する見込みだ。

4月上旬の復旧当初は東日本大震災前の25%程度にとどまるとの見通しだったため、BTレジンの需要がとくに強いスマートフォン(高機能携帯電話)やタブレットPCなどのモバイル機器メーカーの調達難も懸念されたが、BTレジン発の生産停止という事態はどうやら避けられそうだ。

BTレジンは子会社のエレクトロテクノ(福島県西郷村米字椙山)が生産している。エレクトロテクノは震災の影響で設備の一部などが被害を受け、震災直後から操業を停止しているが、4月上旬に第一段階の復旧として部分的ながら生産し、1カ月ほどでピークの水準まで戻す。

BTレジンは、ガラスクロス(布基材)にBT樹脂と呼ぶ三菱ガス化学の独自樹脂を含浸させ、両面に銅板を積層した部材。銅張積層板の一種で、日立化成工業や住友ベークライト、パナソニック電工などが競合だ。三菱ガス化学グループは、この分野で世界シェア約6割を押さえるトップメーカーである。

BTレジンはBT樹脂の特性から耐熱性が高く、電気特性に優れる。搭載機器を薄くするのにも適しており、スマートフォンやタブレットPC向けに高いシェアを持っていると推定される。その生産が1カ月近く止まるうえ、再開後も当初は生産量が大きく落ちる事態は、川下のスマートフォンやタブレットPCメーカーの懸念材料だった。一時的には需給が逼迫する局面があるかもしれないが、時間を追って解消しそうだ。

(武政 秀明 =東洋経済オンライン)

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 高城幸司の会社の歩き方
  • 「米国会社四季報」で読み解くアメリカ優良企業
  • ゴルフとおカネの切っても切れない関係
  • 360°カメラで巡る東京23区の名建築
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
好業績の裏で検査不正<br>スズキ「鈴木修経営」の光と影

5月10日の決算会見に登壇し完成検査の不正を詫びたスズキの鈴木修会長。不正は組織的・構造的な問題か、現場への目配り不足によるのか。長年にわたるカリスマ経営の副作用を指摘せざるをえない同社のガバナンス体制を詳解する。