ディー・エヌ・エーが、東日本大震災被災者を対象に契約社員を募集【震災関連速報】

ディー・エヌ・エーが、東日本大震災被災者を対象に契約社員を募集【震災関連速報】

携帯電話向けソーシャルゲーム「モバゲー」などを手掛けるディー・エヌ・エーは、東日本大震災の被災者を対象に、50~100人をメドに契約社員を募集すると発表した。

4月から開始する第1次募集では、同社が新潟市に持つサポートセンターで、カスタマーサービス担当者として約20人を採用する。対象者は新潟の避難所で生活をする被災者だ。

2次募集以降は、新潟での勤務だけでなく、他の地域での勤務も募集し、対象者や募集方法は自治体や教育機関とも連携して決めていくとしている。契約社員の雇用だけでなく、各種の雇用支援施策も検討していく方針だ。

被災地の本格的な復興には、被災者の雇用確保は欠かせない。雇用を創出する取り組みが拡大することに期待したい。

(丸山 尚文 =東洋経済オンライン 撮影:尾形文繁)

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナショックの大波紋
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • ルポ「ホームレス」
  • インフレが日本を救う
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「賃料補助」は焼け石に水<br>飲食店を追い込む“遅い政治”

多くの飲食店経営者が自粛要請に応じています。政治に求められるのは救済プランの素早い策定ですが、与野党案が固まったのは5月8日。せめて第1次補正予算に盛り込まれていれば――。永田町の主導権争いが、立場の弱い人たちを苦しめています。