ディー・エヌ・エーが、東日本大震災被災者を対象に契約社員を募集【震災関連速報】

ディー・エヌ・エーが、東日本大震災被災者を対象に契約社員を募集【震災関連速報】

携帯電話向けソーシャルゲーム「モバゲー」などを手掛けるディー・エヌ・エーは、東日本大震災の被災者を対象に、50~100人をメドに契約社員を募集すると発表した。

4月から開始する第1次募集では、同社が新潟市に持つサポートセンターで、カスタマーサービス担当者として約20人を採用する。対象者は新潟の避難所で生活をする被災者だ。

2次募集以降は、新潟での勤務だけでなく、他の地域での勤務も募集し、対象者や募集方法は自治体や教育機関とも連携して決めていくとしている。契約社員の雇用だけでなく、各種の雇用支援施策も検討していく方針だ。

被災地の本格的な復興には、被災者の雇用確保は欠かせない。雇用を創出する取り組みが拡大することに期待したい。

(丸山 尚文 =東洋経済オンライン 撮影:尾形文繁)

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ブックス・レビュー
  • ブルー・オーシャン教育戦略
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 日本人が知らない古典の読み方
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
集中連載「日立 踊り場の先へ」<br>世界で戦える組織へ

成長を確実にする組織の根幹を成すのが、研究開発と人事である。研究開発体制は2015年4月、各研究所に横串を通し、顧客起点の組織に生まれ変わらせた。人事制度もグローバル化がほぼ完了。踊り場から飛躍へ、日立の地固めの様相を追う。