iPhonevs.アンドロイド 日本の最後の勝機を見逃すな! 夏野剛著

iPhonevs.アンドロイド 日本の最後の勝機を見逃すな! 夏野剛著

現在世界は「スマートフォン戦争」の真っただ中にある。「iモード」を立ち上げた著者が、象徴的な意味を持つ主役2者の戦略の違いを浮き彫りにしつつ、日本のポテンシャルを生かす道を探る。

端末とサービスの一体化による垂直統合でユーザーを囲い込むアップル(iPhone)、ウェブサービスの広告収入を極大化するための仕掛けに徹するグーグル(アンドロイド)。この両巨人は「対立しない」が著者の判定。優位性はアンドロイドに集まるが、iPhoneはiWorldという理想郷にひた走る。

日本はヒト・モノ・カネがそろい、まだ勝機はある。イノベーションを起こせと、日本の経営者を厳しく叱咤激励する。

アスキー新書 780円

  

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • ミセス・パンプキンの人生相談室
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
集中連載「日立 踊り場の先へ」<br>ガバナンス問われる英国原発

日立製作所が着々と進めてきた英国の原発計画。来年にはすべての認可を得て、進むか退くかの最終判断を迫られる。経済合理性は疑問だが、会長案件という思惑も絡む。今の日立はどう判断するか。まもなくガバナンス改革の真価が問われる。