バーゼルⅢの衝撃 大山剛著

バーゼル�の衝撃 大山剛著

未曾有のグローバル金融危機に対応して、新たな国際金融規制ルール「バーゼルⅢ」(新BIS規制)が策定され、2012年末より導入される。

今回の震源地は「北大西洋地域」であり、日本の金融システムはほぼ健全さを維持していたにもかかわらず、再発防止のためと、英米主導で身勝手な問題の普遍化を強いられている。

影響はまず「所要自己資本の質と水準」で表われる。邦銀も、実質で現行の5倍相当の資本が求められる。即座の対応は難しく、資産の圧縮、つまり「貸し渋り」をせざるをえなくなりそうだ。

日本の金融の未来像からすれば、金融規制の単純化、裁量余地の最小化、リスクスコープの拡大などにも真剣に対応しなければ、金融立国の道はさらに遠のくことになる。

バンカーなら誰もが知っておくべき新規制の内容理解に加え、戦略なき政府・当局に導かれる悲哀が伝わってくる1冊だ。

東洋経済新報社 2520円

    

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
三菱重工と日立 「統合」破談から<br>10年 製造立国の岐路

10年前に統合構想が破談になった三菱重工業と日立製作所。その後両社は対照的な道を歩み、2009年に伯仲していた時価総額は今や日立が大きく上回っています。本特集では明暗が分かれた三菱重工と日立を主軸に、製造立国・日本の生きる道を探りました。

東洋経済education×ICT